~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

SEIKO 5 Sport SNZF17のバンドは巻きか無垢か。再検証編

 

前回、「SEIKO 5 Sport SNZF17のバンドは巻きか無垢か」と題しまして

SNZF17のバンドを切断し、検証を試みたのですが、

コメント欄のほうで「そのバンドは違うのではないか」とご指摘を受けまして、

後日よくよく確認したところ、本当に情けないことに、

別のモデルとコマを取り違えてしまっていたことに気づきました。

 

なんとも情けない限りです・・・

 

今回の件につきまして、物事の基本である確認作業を怠り、

誤った情報を発信してしまったことをお詫び申し上げます。

 

ご指摘してくださいました方々、

誠にありがとうございました。

 

後でご迷惑をおかけしたMr.shop時計屋さんにも

ご一報を入れさせていただこうと思います。

 

 

今回の更新は、前回の勘違いの再検証ということになります。

 

改めてSEIKO 5 Sport SNZF17のバンドの構造を確認していきたいと思います。

 

こちらがSNZF17のメタルバンド。

IMG_4413

 

なるほど。

教えて頂いた通り、確かにコマの側面に板が折りたたまれた跡が見えます。

非常にうっすらとですが、画像でお分かりになられるでしょうか。

IMG_4416

 

左右のコマの正面部にも継ぎ目が見えますね。

ということは、穴の開ている部分が折り返し箇所のようです。

IMG_4421

 

こちら、中央部も穴とは対面の位置に継ぎ目があります。

IMG_4422

 

拡大してみたところ、溶接?の後処理は

さほどコストをかけていないように見えますね。

IMG_4434

 

 

さてさて、切断する箇所ですが、今回は中央部分ではなく、

中央とサイドの コマの継ぎ目を切ってみることにいたしましょう。

 

 

ノコを入れること数分。

切れました。

IMG_4436

 

ちょっと切断面は粗いですが、

機械切りではないのでそこはご了承ください。

IMG_4439

 

断面を拡大です。

IMG_4441

 

 

う~ん、

やはり手切りだと断面が荒くてよくわからないですね・・・。

 

ちょっとヤスリをかけてみましょう。

 

 

どうでしょうか、こんな感じです。

IMG_4444

 

 

しまった!

断面の構造が益々わからない!

 

金属板の折り返しということですから、

切断面は普通に左右対称だとは思いますが、

ヤスリ掛けのせいで継ぎ目が見えなくなってしまっています。

 

これは困ったぞ・・・。

 

 

しかし、あれこれ多方面から眺めていううちに

脳内である形が浮かび上がりました。

 

ちょっと段ボールで再現します。

 

 

それはこのような形。

IMG_4452

 

 

この一枚の板を

外側から内側に互いに折りたたんでいくと・・・

IMG_4453

 

 

どうでしょうか!

同じようなコマの形になりました!

IMG_4455

 

 

 

見事、1枚の板で中央・左右と3つのパーツに分かれているような

コマの形が出来上がっています。

 

 

確かに、これだと製造コストも無垢よりは安く済みそうですね!

 

はぇー、よく思いつくもんだ。

というか、よく製品にするもんだ。

関心しきり。

 

このような金属板を折りたたんだ構造ですから、もちろん無垢とは呼べませんが、

既存概念の板バンドとも全く異なりますね。

 

セイコーさんの特許関係も非常に気になるところです。

 

 

というわけで、大変お騒がせいたしまたSEIKO 5 Sportのバンド問題。

 

再検証後の結論といたしまして、

 

無垢ではないが、板バンドとも呼びたくない非常に面白いバンド

 

ということで締めさせて頂きたいと思います。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (24 投票 / 平均値:4.71 / 合計値:113)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • あき
    • 2015年 4月 10日

    検証お疲れ様です _(._.)_
    色々な技術があるんですね~

    毎日ブログチェックするたび、ダイバーズにメッシュというほんとにカッコいい画像が目に飛び込んできて、毎日のようにモヤモヤしてました

    これでちょっと物欲が落ち着くかな(^_^;)

    • NEEZ
    • 2015年 4月 10日

    あきさん、こんにちは。

    ダイバーズにメッシュバンドを組み合わせるのは
    個人的に大定番だと思っています!

    でも、メッシュに海中の異物が絡んでしまったり、
    ウエットスーツに合わせてその場でバントを延ばせなかったりと、
    多分メッシュを装着する人は、私を含めて丘ダイバーな人ですね(笑

    • AR7
    • 2015年 4月 11日

    こんにちは AR7です。

    やらかしちゃいましたね(笑)
    私も、もっと注意深く写真を見てから指摘するべきでした。
    穴があったら入りたい気分です。

    でも考えようによっては、この二つの実験によって、
    SARB035等のメカニカルクラスの無垢バンドと
    SNZF17等の5スポーツのフローティングベルトの両方の構造が明らかになったのですから、
    これは“一石二鳥”と言っても良いのではないでしょうか。

    ところで、コメント欄に
    “単純に比較するなら、ですが
    製造コストとしては、無垢バンドの方が巻きバンドよりもかかります。
    廉価モデルの時計には巻きバンドが多く使われる所以です。”
    という本職の方の見解が寄せられていましたが、
    私は素人なので無垢も巻きも同じくらい手間と費用がかかるように思えてしまいます。

    いったい何故、巻きは無垢より安く作ることができるのか?
    今度は、こちらも検証して頂きたいと勝手にリクエストしてみます(笑)

    • NEEZ
    • 2015年 4月 12日

    AR7さん、こんにちは。

    製造コストについてですが、
    考え方として2つの視点があります。

    一つは、
    「1個製造するのに幾らかかるのか」
    いわゆる数と金額の視点です。
    同じ1個の製造でコストが高いか安いか。

    もう一つは、
    「1個製造するのにどれくらい時間がかかるのか」
    これは数と時間と視点です。
    同じ1個の製造時間が多いか少ないか。

    1個の製造単価が安価で、製造時間が短い方が総コストは下がります。

    原価が1円で1分に1個製造する場合、
    原価が10円で1秒に1個製造する場合、
    といった具合に、
    金額(原価)と数と時間の組み合わせでコストが決まるような感じです。

    • YOU
    • 2015年 4月 13日

    再検証お疲れ様でした。変な事突っ込んじゃってすみません。(汗
    ちなみにセイコーにはもうひとつ無垢っぽい無垢じゃないブレスがありまして
    そちらもなかなか面白い構造です。
    5スポーツよりも価格帯が1ランク下の逆輸入5の一部に採用されてます。
    homepage2.nifty.com/tencho/mr-shop/watch/seiko/j5/j5zoom/kh93_95zoom.htm
    こっちのブレスは継ぎ目をコマとコマの間の目立たない場所にくるように
    包みこむ形になってるのでコマサイドを見ても継ぎ目は見えません。
    ただ、コマを構成してる金属板は5スポーツのものより薄いので
    実際に触るとシャラシャラと5スポーツのものより更に安っぽい感じがします。
    セイコーの低価格機の高級感に対する努力が垣間見れて面白いです。(笑)

    • NEEZ
    • 2015年 4月 14日

    YOUさん、こんにちは。

    リンク先のブレスを拝見しました。
    触るとシャラシャラするというのは何となく想像がつきますね。
    多分、ノコを使わずともニッパーでサクッとバラバラにできそうです(笑

    広田さんも仰っていましたが、
    時計本体とブレスの重さには付け心地に関連性がかなりあり、
    バンドが軽くても時計本体が軽ければバランスは崩れないそうです。
    逆に時計本体がくっそ重たくても、ベルトも同様に重ければ
    これもまたバランスは保たれるそうです。

    セイコー5スポーツになると、ケースも防水性が増し少し重くなりますので、
    必然とブレスも重くしないと装着感のバランスが取れないのでしょうね。

    • BFN
    • 2015年 4月 16日

    タイミング遅くなりましたが、自分がやってきた範囲内の知識で書きこ。

    >いったい何故、巻きは無垢より安く作ることができるのか?
    一般的に金属バンドは、
    駒単体作製→組立→研磨・表面処理 で作りますが
    駒作製の手間が大きく違います。

    巻きバンド駒は、板材→プレス打ち抜き→順送金型巻き で
    無垢バンド駒は、鍛造プレス→研削 ですかね。

    プレス打ち抜き→順送金型巻きはNEEZさんの指摘通り
    各工程は連続処理で比較的時間は短く加工できます。簡単なもので1個/秒くらい?
    (もっと早いのもあるかも)

    鍛造プレス→研削は、それぞれ多段階の上に別処理なんで時間も手間もかかります。
    基本的にケースを作るのと同じような工程です。
    バンド駒の場合 鍛造3回、研削自動機 でやっても1個/20秒~くらい?

    今回の折り畳みバンド(?)は、鍛造の部分を簡略化しているので、
    無垢と同等品を より少ない手番で作る工夫のように見受けました。
    ちなみにセイコーさんの出願の中には見つけることができませんでした。
    おそらく日本精密さんの特開2001-8716号かな?

    • NEEZ
    • 2015年 4月 16日

    BFNさん、解説ありがとうございます。

    本職は流石やわー(笑

    やはり、無垢コマとなるとプレスは1回では済みそうにないですよね。
    それに研磨工程も時間がかかりますので、
    一般的な巻きバンドと比べるとコストが比較にならないと思います。

    日本精密さんの特許を確認してみました。

    ↓リンク↓
    【バンドの駒の製造方法およびバンドの製造方法ならびにバンドの駒構造】

    自分が注目したのはこの一文。

    「無垢材を使用することなく、板巻タイプの製法を応用することによって
    実質的に無垢タイプの駒を製造することができた」

    ”実質的に無垢タイプの駒”って書いちゃってますね。

    それだけ自信があったのでしょう。

    • BFN
    • 2015年 4月 17日

    >”実質的に無垢タイプの駒”って書いちゃってますね。
    >それだけ自信があったのでしょう。

    特許出願の常套句です(笑)
    実際にはできてなかろうが、効果が小さかろうが
    「発明」として成立させるために、そういう文句で書かなければならんのです。
    まぁ、今回はちゃんと出来てるっぽいので齟齬はありませんが。

    • NEEZ
    • 2015年 4月 17日

    >特許出願の常套句

    そういえば、特許は実現性が疑わしくなければ
    それでもOKなんですよね(笑

    しかし、特許文章は独特で読むのに疲れます・・・

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。