~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

SEIKO 7S26の分解 ~その1~

 

近頃、なんやかんやバタバタしていて、すっかり時計に触れなかったので、

もう、分解したい病が限界を迎えております。

 

というわけで、今回はセイコー5の7S26を分解していきたいと思います。

 

イケニエはこちら。

IMG_4513

 

えっと、モデル名は何だったけ・・・

 

もう5年?くらい前に購入して、結局1度も付けることなく

そのままになっていましたので、

今回は、未使用でどの程度オイルが切れているか確認していきたいと思います。

 

 

ローターの刻印でムーブメントが7S26であることがわかりますね。

IMG_4514

 

 

おっと、その前に指サックを付けましょう。

 

私が愛用しているのはこちら。

船堀ゴムの「ウス指サック・口切・粉ナシ・3-A」です。

IMG_4516

 

形はこんな感じ。

IMG_4518

 

口が切りっぱなしなので装着は難しいのですが、指に変な圧迫がありません。

しかも非常に薄いので指先の感覚が邪魔されないので細かい作業にはうってつけ。

 

どうですか? 分かりますでしょうか、この薄さ。

IMG_4519

1度使ったらもう戻れません。

 

 

では裏蓋を外していきましょう。

必要なのは時計を固定するSEIKO「万能ケースホルダー S-212」

IMG_4522

 

あとは実際に蓋をまわすためのMKS 側開器(ケースオープナー)ですね。

IMG_4523

 

セイコーのケースホルダーの底には丸いゴムがあって、

IMG_4525

 

これを時計の下に敷いておけば傷が付きません。

IMG_4526

 

時計をセット。

IMG_4527

 

蓋を傷つけないようにビニールを被せてから側開器で回します。

IMG_4528

 

始めに少し力を入れてあげるだけで、あとは手で回せますね。

IMG_4529

 

ローターがクルクル回転するとちょっと邪魔なので、

私は裏蓋を開けた段階でもう取ってしまいます。

IMG_4531

 

ローターは中心がネジで留まっているだけですので、外すのは簡単です。

 

 

次はケースからムーブメントを取り出すのですが、

巻き真を抜かないと取り出せません。

 

巻き真を抜くには、下の赤丸をピンセットでチョイと押してあげれば

簡単にスルっと引き抜くことができます。

IMG_4532

 

 

ムーブメントが取れましたら機械台に乗せます。

IMG_4535

 

ここで針も抜いてしまいましょう。

針を外すのは両手を使うので写真を撮ることができませんでしたが、

まぁ、ビニールを被せて剣抜きでポロっとやる感じで。

IMG_4537

 

 

針が取れたら次は文字盤です。

文字盤は裏側からエト足をピンで押すほうが正解なのでしょうが、

自分は趣味として分解しているので多少雑ですが機械と文字盤の隙間に

ドライバーを刺し入れて外します。

IMG_4538

 

この時、カレンダーディスクを傷付けないよう注意が必要です。

 

 

文字盤が外れました。

IMG_4539

 

カレンダーディスクはまず曜日から外しましょう。

中心にCリングがありますので、これもリングの下にドライバーを入れて

上に持ち上げる感じで外します。

IMG_4541

 

このリング、小さいので無くしちゃいそう・・・

 

次はディスク押えを外していくのですが、ここで問題が!

IMG_4542

 

超小さいプラスねじがこんなところに!

IMG_4543

 

手持ちの精密マイナスの大きすぎて合わないし、

横着して0.6のマイナスで回そうとしましたが、これもダメ。

IMG_4544

 

う~ん、とりあえず作業は中断です。

なんでこんなところにプラスがあるんでしょうか。

 

 

週明けにはセイコーの純正プラスドライバーが

五十君商店さんから届く予定ですので、続きの作業はまた来週。

 

 

次→ SEIKO 7S26の分解 ~その2~

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (17 投票 / 平均値:4.47 / 合計値:76)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • BFN
    • 2015年 7月 01日

    >なんでこんなところにプラスがあるんでしょうか。

    これ、最初見たときはビックリしたのは皆共通でしょうかね。
    私の方の分解解説でも、最初に準備しておく旨書きましたが
    7S26Cは全部マイナスネジみたいです。
    ってことは、やっぱ模倣品対策なんですかね。

    • NEEZ
    • 2015年 7月 02日

    BFNさん

    自分もこの部分を見たとき、
    はじめは何かのカシメ跡かと思っていたんですが、
    調べてみると、まさかのプラス。

    >7S26Cは全部マイナスネジみたいです。

    自分がバラしているのは7S26Bなので、対策されたんですかね。
    やはり現場から「面倒くさい」と意見でも出たのでしょうか。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。