~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

エピラム処理をやってみよう その1 処理液の準備

 

時計のオイルを拡散させずに留めておくための「エピラム処理」

 

材料が揃いましたので、早速実践テストしてみましょう。

 

まずは処理液の原料である「ステアリン酸」

epiram01_01

 

ステアリン酸を溶かすための「無水エタノール」

epiram01_02

JIS規格でステアリン酸は「エーテルに溶けやすく、エタノールにやや溶けやすく、

水にほとんど溶けない。」と記述があるようですので、

今回はベンジン(石油エーテル)ではく、エタノールを試してみます。

 

ビーカー、シャーレ、薬さじ、混ぜ棒、薬包紙。

epiram01_03

 

0.01g単位で測れる精密電子はかり。

epiram01_04

 

と、これらの材料と道具で処理液を作ります。

 

 

最初に行うのはステアリン酸の計量ですね。

epiram01_05

 

時計修理技術読本では「0.08~0.09g」とありましたので、

今回は効果を大げさに確認したいので0.09gで行います。

 

耳かきのように小さい薬さじで少しづつ測ります。

0.09gの量は大体このくらい。

epiram01_06

 

ステアリン酸が用意できましたら、次はそれを溶かすエタノールを用意。

量は100ccとのこと。

ちなみに下の写真は200ccのビーカーです。

epiram01_07

 

ステアリン酸は砂糖のようにサッと溶けるわけではありません。

ですので、混ぜ棒で押しつぶしながら十分溶けるまで混ぜます。

epiram01_08

 

結構まぜまぜしたのですが、やはり溶け残りは出てしまうようですね。

epiram01_09

 

この混ぜ残りが部品に付着してしまうのはマズいので、

上澄みだけをそっとシャーレに移して使いましょう。

容量としては80~90ccくらいを使う感じです。

epiram01_10

 

今回はシャーレに移しましたが、本当はベルジョンのベンジンカップが

いいかもしれません。

ですがアレ、高いんですよね・・・

もっと安ければいいのに、とボヤキ。

 

 

そして、こちらが出来上がった「エピラム処理液」です。

無色透明。

匂いはそのまんまエタノールの匂い。

epiram01_11

 

 

さぁ! 処理液が用意できました!

事の他、エタノールだとステアリン酸を溶かすのに時間がかかった印象です。

今度から溶剤にベンジンを採用します。

それ以外は特に問題ナッシング。

 

では次回は、実際に処理を施すことにしてみましょう。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (13 投票 / 平均値:4.38 / 合計値:57)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 中山 均
    • 2017年 8月 09日

    初めまして
    マニアックな内容に惹かれました。
    時計修理技術読本を探して幾千里、やっと横浜市立図書館で見つけました。
    全ページの半分はコピーできるとの説明で、図書館のコピー機で必要なページをコピーしました。コピー費用約5,000円で、コピー中は確かめもせず終わって帰り着いて見てみると異常に薄いコピーでした。トナー経費節減で濃度調整せずにコピーすると薄い設定になってしまうようになっていたようです。福岡市から息子の東京の住居に遊びに行って福岡に帰ってから気がつきました。目をこらして想像しながら読んでいます。年間目標の進み具合はどうですか?

    • NEEZ
    • 2017年 8月 10日

    中山様

    コメントありがとうございます。

    やはり時計関連の書物はなかなか見つからないので苦労しますね。
    そういえば以前、時計師の方と時計修理技術読本について話し、興味深いことを教えて頂きました。
    どうやら時計修理技術読本は工具のGEM社がいかに素晴らしいかを推している節があるので、GEM関連の記事では話半分で読み進めてしまって構わないそうです。

    自分の時計自作計画ですが、ちょっと寄り道をしている感じです。
    昨今、和装に凝りだしてしまい和服を自分で縫っているのですが、その和装と時計趣味を融合させるために帯に懐中時計を提げるための根付と組紐の制作に取り掛かっています。
    最終的に和服、根付、組紐、時計の自作ができたら最高ですね。

    それと先日、セイコー・クレドールの元デザイナーさんと個人的にお会いし、ドレスウォッチについて意見交換をしました。
    これは人生においてベスト3に入る大変濃密な時間であったと思います。

    最近更新をサボっていますが、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。