~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

フィリップ・デュフォー氏、自分の漫画でにっこり

 

先日、クロノスのメールマガジンにて、

2015年5月10日、独立時計師のフィリップ・デュフォーさんをお招きし、

時計ジャーナリストの広田雅将さん司会の元でイベントが開催されるとの案内を

受けとりました。

 

当ブログをご覧の方はおそらくフィリップ・デュフォーさんはご存知かと思います。

 

彼が作りだした「シンプリシティ」は日本で大成功しました。

当初は100本しか制作する予定はなかったそうです。

しかし、時計雑誌「世界の腕時計」を発行する株式会社ワールドフォトプレスから

2000年度ウォッチ・オブ・ザ・イヤー プレステージ部門金賞の表彰を受け、

2001年、2002年でシンプリシティの需要が急増!

急遽、生産数100本の予定から200本に変更された経緯があります。

ですのでシンプリシティは、送り出された200本のうち120本が日本向けに販売。

 

その売上のせいか分かりませんが、氏の所有している車が

マツダの古いワゴンからレクサスのRXになっていました(笑

 

 

そんなフィリップ・デュフォーさんの仕事風景は

YouTubeでも見ることができます。

 

私が好きなのはこちら。

 

Philippe DUFOUR – Complications sans compromis

 

 

時計に向き合う真剣な目。

fd_02

 

その場の空気感が伝わってきます。

fd_03

 

こちらはミニッツリピーターのゴングを

ジュウ渓谷の湖畔に自生している葦「ジャンシャン」で磨いている様子。

fd_04

 

ちなみに、パーツを磨いているジャンシャンはリンドウ科の高山植物で、

セイコーのクレドールでも仕上げに使っています。

セイコーはこのジャンシャンを北海道の医療大学が薬品として栽培しているのを

分けてもらっているようですね。

 

 

日本から来客や贈り物が多いのか、作業場には扇子が。

fd_05

 

そしてデュフォーさんはおもむろに1冊の漫画を取り出します。

fd_06

 

そこには漫画のキャラクターになったデュフォーさん本人が!!

fd_07

 

思わずニッコリ(笑

fd_08

 

 

実はこの本、私の手元にもあったりします。

IMG_4456

 

それがこちら。

学研 まんがでよくわかるシリーズ「時計のひみつ」

 

リンク先で書かれていますが、「学研 まんがでよくわかるシリーズ」は、

書店等では販売されない、全国の小学校と公共図書館に寄贈されている本ですが、

内容は実に真面目で、時計の基本的なことが丁寧に絵描かれています。

 

子供向けの本と侮ってはいけません。

物事を順序立てて、質問に答えるように進んでいくストーリーなので

時計の歴史や機構、その魅力がすんなり頭に入ってくるのです。

本当に能力のある人は、難しいことを簡単に分かりやすく説明する、

という言葉を思い出しました。

(逆に大人向け教材などは、簡単なことを難しく説明する・・・)

 

タイミングが良ければヤフオクでも1000円以下で出品されていますので、

気になる方は検索をかけてみてはいかがでしょうか。

 

 

フィリップ・デュフォーさんはこの本でスイス時計の案内役のような立場で登場。

IMG_4459

IMG_4464

 

シンプリシティも紹介されています。

IMG_4466

 

動画内でもこのコマを指差していますね。

fd_09

 

 

自分やスイス時計産業の様子が、地球の反対側で漫画になっていることに

満面の笑みを浮かべるデュフォーさん。

fd_10

 

なんと、ご自分が出ている殆どの記事をスクラップ保管されているようで!

fd_11

 

それは日本の雑誌が殆どで、日本での彼の成功を物語っています。

 

 

欧州の方も、自分の作品が品質に厳しい日本で受け入れられているというのを

現地メディアに誇らしく語っているのを時折目にすることがあります。

 

例えば、チャーチ、ジョン・ロブなど、イギリス・ノーザンプトンの高級革靴は

日本での評価が高く、その3分の1は日本向けであったりとか、(BBCニュースより)

木のおもちゃを手作業で作っているオーストリアのヴォーグヴォッター社は、

「日本の皇室でプリンセスに使われている」と現地メディアに報道され

倒産を免れたとか。

これは海外で評価の高い白鳳堂の高級化粧筆とかの逆バージョンでしょうか。

 

やはり、自分の作ったものが知らぬ間に異国の地で評価されているのいうのは

相当な驚きと嬉しさに溢れたインパクトなんでしょうね。

ちょっと羨ましくもあります。

 

 

というわけで、今回は近々来日するフィリップ・デュフォーさんの

日本との関わり合いが感じられる動画のご紹介でした。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (13 投票 / 平均値:4.69 / 合計値:61)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。