~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

7S36搭載SEIKO 5 SPORTに4R36を載せる! その1

 

先日購入したSEIKO 5 Sport 「SNZF17」ですが、

手にするうち、益々気に入ってきている自分がいます。

 

そうなると人間というものは、「この時計をもっと魅力的にできないか」と

欲が出てくるものでございます。

 

そして思いつくことは多分、世界のSEIKO 5 ヲタク達と同じ。

”あの”ムーブメントへの載せ換えです。

 

このSNZF17の機械は、SEIKO 5 ではごくフツーの7S36。

こちらを、最近ブレイクしている期待のエース(という程でもないが)

手巻きハック付き4R36に載せ換えてしまおうという計画です。

 

 

早速、着手。

まずは肝心要の4R36の手配です。

 

と、いきたかったのですが、これが結構難問でして、

複数の時計店に問い合わせたところ、

セイコーからは4R36単体でリリースはされていないようなのです。

つまり、ムーブメントがダメになった場合、機械を新調することは出来ない、

ということです。

※ メーカーに出しての修理は可能

 

いきなりガックリ・・・

 

はぁ~、仕方ない。

4R36搭載機でも買うかー(爆

 

というわけで、こちら。

ムーブを抜き取るためだけに購入したSEIKO 5 SPORT 「SRP129」さんです。

 

IMG_4221

 

 

4R36搭載機でカレンダーの色がブラックというモデルが結構限られていて、

いろいろ物色した末に選んだのがSRP129です。

オールブラックでそのままでもカッコイイ!

 

ですが、私は格下のSNZF17のほうが好きなんですからしょうがない。

こ奴等の臓器移植を決行いたしますよ。

 

IMG_4222

 

 

まず機械を確認しましょう。

こちら、SRP129はご覧の通り目的の4R36が積まれています。

IMG_4225

 

ローターが少し汚れているのは、

ゴミ取りで使ったロディコに油が付いていたため・・・

嗚呼、情けない。

 

そして、SNZF17。

ちょっと見辛いですが「7S36C」と刻印されています。

IMG_4227

 

7S36と4R36の違いは

・ローターでの巻き上げ方式

・石の数

・手巻きの有無

・ハック機能の有無

等々、いくつかありますがムーブメントの載せ換えでポイントになる点は

巻き真の違いではないでしょうか。

 

IMG_4228

 

ごらんの通り、中腹の形状が少し違います。

巻き真と竜頭は接着されていますから、

もし形が同じであれば手間を省いてそのまま流用しようと思ったのですが、

ケースの大きさも違いますのでどちらにせよ交換しないといけません。

 

こちらが今回SRP129と一緒に手配した4R36用の延長巻き真です。

IMG_4229

この巻き真にSNZF17の竜頭を付けて使用します。

 

そして次に7S36用の巻き真。

IMG_4236

 

が、ここで問題発生。

手配した7S36用の巻き真の形が微妙に違います。

なんだかネジの部分も短いし・・・

 

型番は確かに合っている筈なんです。

ちなみに巻き真の型番は「0357-010」。

(4R36の巻き真は「0351-200」で700円ほど)

IMG_4237

 

パーツ番号の確認に使ったこちらのサイトでは確かに「0357-010」があります。

IMG_4238

 

もしかしたら、もう一方の「0351-260、261」の方だったのかなぁ・・・。

御徒町の問屋さんでも「0357-010」と紹介されたので合ってると思ったのですが

これはちょっと誤算です。

後日確認するとしましょう。

 

問屋ではなくグランドセイコーマスターショップで巻き真の手配を頼んだときは

「製品と全く同じタイプで竜頭と巻き真が予めくっついた状態の部品しか

手配できない」と言われていたので、ちょっと嫌な予感もしますね。

 

 

巻き真の件は後で調査するとして、

今度はケースとムーブメントのスペーサーが合っているか確認します。

 

 

何もせずゴソっと載せ換え。

IMG_4239

 

バッチリですね!

ピッタリ収まりました。

 

裏蓋もサイズは一緒で、

しっかり閉めてもローターが当たってしまうことはありませんでした。

IMG_4240

 

裏の様子がこちら。

SNZF17に4R36が載っているのがわかります。

IMG_4241

 

問題はやはり巻き真の長さです。

SNZF17に対して4Rの巻き真は短すぎ、

SRP129に対して7Sの巻き真は長すぎ。

IMG_4244

 

ん?

7Sの方の巻き真が長すぎ!?

 

!!!!

と、いうことは巻き真から竜頭を抜いて

カットしてから再利用すれば使える!

 

イエーイ! ラッキー!

 

じゃあ、7Sの巻き真から竜頭を抜いちゃいましょう。

IMG_4246

 

竜頭を抜く場合は、巻き真に接着剤が塗られているので

これを無効化してあげなければいけません。

 

うっすらと青みがかっていますので、

多分、ヘンケルの「LOCKTITE 242」だと思います。

IMG_4247

 

この接着剤の脱出トルク(接着が剥がれるトルク)は5Nmなので、

指先で回すだけの竜頭に対しては十分すぎるほどの固着力です。

 

IMG_4250

 

そのまま巻き真を四ツ割で掴んで捻ると折れると思いますので、

ロックタイトを熱して変質させ、接着効果を無くしてから外すことにしましょう。

 

熱を加える方法は直火だと竜頭も変色してしまうので、

細めの半田ゴテで巻き真だけを加熱することにいたします。

 

 

とりあえず今回はここまで。

次回は文字盤と針の交換です。

 

 

次>> 7S36搭載SEIKO 5 SPORTに4R36を載せる! その2

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (18 投票 / 平均値:4.72 / 合計値:85)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • NINJA300
    • 2015年 2月 01日

    わたしは7S26はきらいでないのですが、面白いですね。
    詳細情報はファイブ実験室とここくらいですので、詳細なやり方解説を期待しております。
    参考
    www.thewatchsite.com/21-japanese-watch-discussion-forum/31695-can-you-swap-7s26-4r36-skx007.html

    • NEEZ
    • 2015年 2月 01日

    NINJA300さん、いつもコメントありがとうございます。

    同じコメントを複数投稿して頂き、ご面倒をおかけいたしました。
    コメント内にURLが記載されておりますと一旦「承認待ち」状態で
    保留される仕様になっております。
    ご了承くださいませ。

    参考先を拝見いたしました。
    世界には同志がいるのですね(笑
    やはり皆ポイントは巻き真、竜頭あたりのようです。

    しかし、7Sのマジックレバーの巻き上げは凄い・・・
    ローターのレスポンス、構造のシンプルさ、巻き上げ効率、
    全てが世界一ではないでしょうか。

    • NINJA300
    • 2015年 2月 05日

    マジックレバーはすごいですよね。9Sが切り替え車を使っているのは残念ですね。セイコーにはもっと自社製品に誇りをもっていただきたいものです。SDもコイル部分を隠して、機械部分だけみせているという批判が多いですよね。j

    • NEEZ
    • 2015年 2月 09日

    マジックレバーを全面に打ち出すために、大型化・面取り・エングレービングされたマジックレバー・ウルフトゥースなんかがあったら「うぉ!」って声を上げてしまうかもしれません(笑

    今度アップしますが、試しにスプリングドライブのコイル部分が見えるようにフォトショップで画像を作成してみました。
    自分にセンスがないのか、コイルという部品が芸術まで昇華できるポテンシャルを秘めてないのか、いまいち不明ですが、結構微妙でした・・・

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年3月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。