~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

SEIKO 5 Sport 「SNZF17」を購入! この価格でこの満足感!

 

Twitterのほうでも呟きましたが、

Life Style Imageさんのこちらのブログ記事を読んで久々にムラムラしてしまい、

新年一発目に時計を購入しました。

 

今回はセイコーです。

IMG_4178

 

モデルはというと、セイコーの海外モデル SEIKO 5 Sport 「SNZF17」

IMG_4180

 

時計にお詳しい方なら「SEIKO 5」というモデルで価格が想像できると思いますが、

なんとこちら、実売2万円以下! 安い!

IMG_4185

 

ケースのエッジの処理などは価格なりですが、

それにしたって、この堂々たる佇まいは立派です。

 

ベゼル、文字盤、針のバランスも素晴らしい。

IMG_4186

 

ルミブライトの光度もシッカリ、ハッキリで文句なし。

 

持論ですが、「値段の高さ=お気に入り度合」ではないことを更に実感。

それにしても、このSNZF17のコストパフォーマンスは異常です。

 

 

ちなみにセイコー5は主に海外向けですが、マニュアルや保証書は日本語。

IMG_4181

 

正式名称は「Ref.SNZF17J1」 となっています。

IMG_4184

 

 

サイズは40mm。

同じようなサイズのスピマスと比較。

殆ど一緒ですね。

IMG_4187

 

しかし、凄いボリューム感・・・。

 

 

メタルバンドは板巻ではなくステン無垢。

これは嬉しいですね。

フラッシュフィットは流石にステン無垢ではありませんでした。

IMG_4191

 

ケースの厚みはこのような感じ。 公称値は厚み12mm。

IMG_4194

 

ダイアルを接写してみました。

IMG_4197

 

やっぱり各要素の配置に隙がないなー。

素直に凄い。

 

 

裏側は偽造防止?のためにスケルトンになっています。

ムーブメントはお馴染みの7S36なので、これは手巻きとハック(秒針停止)機能のある

4R36に乗せ換えできるのかしら?

IMG_4210

 

ガラスにはちゃんと「MADE IN JAPAN」 と刻まれています。

IMG_4212

 

バックルは板のプレスなので質感は高くありません。

IMG_4215

 

唯一の不満点はこのバックルなのですが、

実はもうメッシュベルトを注文してあります。

これは次回ご紹介するといたしましょう。

 

 

というわけで、1年ぶり位に時計を買ったわけですが、

改めてセイコーの恐ろしさを実感しました。

本当にコストパフォーマンスが高いですね。

こりゃ、セイコー5が日本よりも海外で受けているのがわかります。

我々日本人であるがゆえにセイコーが身近過ぎて、

且つ、品質にうるさい国民性がありますので、

このレベルの製品を「あたりまえ」のこととして見逃してしまっているのでしょうね。

 

海外からすれば「この値段でこの品質の日本製品が手に入る。しかもモデルが豊富」

となれば、そりゃ熱心なファンも付くってもんです。

 

 

さて、あとはメッシュバンドの到着を待つのみ!

 

 

 

■追記

メッシュバンド、届きました! 渋い!カッコイイ!

IMG_4380

 

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (60 投票 / 平均値:4.28 / 合計値:257)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • NINJA300
    • 2015年 1月 19日

    6R15はぽん載せ可、4R36も竜頭芯加工でokらしいです。

    • NEEZ
    • 2015年 1月 20日

    NINJA300さん、
    情報提供ありがとうございます。

    竜頭と巻き芯に手を加えるとなると予備パーツの手配が必要になりますね。

    私もあれから7S36から4R36への載せ換えを調べてみたのですが、
    ファイブ実験室さんが既になされていたようです。流石。

    あとは、香箱だけ載せ換えてパワーリザーブのUPなんかが
    簡単に出来そうな気がします。

    とりあえず、歩度調整でも行ってニヤニヤ眺めることに致します。

    • ペプシ
    • 2016年 7月 17日

    最近seiko5に興味を持ち、このページにたどり着きました。 非常に楽しく読ませていただいています。 一つ質問ですが、こちらのメッシュベルト、どちらのものになりますか? 私はペプシカラーでメッシュ化を考えています!

    • NEEZ
    • 2016年 7月 17日

    ペプシさん

    コメントありがとうございます!

    こちらのSEIKO5に付けているメッシュバンドは

    「TAIKONAUT シャークメッシュバンド」という製品で、

    ちょっとお値段は高いのですが肉厚なので

    ダイバーズのような大き目のケースでもバランスが取れて良い感じです。

    あ、タイコノートは下のサイトが買うことが出来ます。

    item.rakuten.co.jp/taikonaut/c/0000000307/

    • ペプシ
    • 2016年 7月 25日

    @NEEZ
    お返事ありがとうございます!
    メッシュベルト、本当にかっこいいです…♪
    ベルトの方が高くつくのはご愛敬として、カスタマイズに励んでいきたいと思います!

    • ウニ
    • 2016年 7月 27日

    今年の2月にインビクタ8926を購入した後
    こちらのブログを知り毎日のように見ていて
    欲しくなり先日SNZF17購入してしまいました(笑)
    ムーブメントの載せ替え等すごいなあと惚れ惚れして拝見させて頂いております(笑)
    自分のSNZF17は日差−15秒を1週間ほどキープしています!
    ハマると恐ろしいものですね(笑)

    • NEEZ
    • 2016年 7月 27日

    ウニさん
    コメントありがとうございます。

    また、当方の記事を気に入っていただき嬉しく思います。

    SNZF17はケースのエッジの処理などは甘いですが、
    価格を考えると十分すぎるほどの魅力がありますね。

    特にインデックスや針、ケースやベゼルなど
    全体のサイズのバランスが素晴らしいので
    飽きが来ず永く愛用できそうです。

    • AI
    • 2016年 8月 16日

    はじめまして。

    私もこちらの時計すごく気になり、購入検討しています。

    ベルトもメッシュへの変更を考えています。
    NATOにしようと考えていますが、ベルト幅はどれを選ぶとしっくりきますか?
    また長さは腕回りの長さを決めるとき、どのように決めていらっしょいますか?初心者の質問で大変申し訳御座いませんが、ご教授頂けますと幸いです。

    • NEEZ
    • 2016年 8月 16日

    AIさん
    コメントありがとうございます。

    SNZF17のベルト幅(=カン幅)ですが、22mmとなっています。

    手首の外周の測り方は、柔らかいメジャーで測るとよいと思います。

    メジャーが無い場合は下記サイトから「ペーパーメジャー」が
    ダウンロードできるので、こちらを印刷すればOKです。
    www.hs-tao.com/info/size.html

    実際に手首の長さを測ったら、
    ステン(orメッシュ)の金属ベルトであれば、
    プラス0.5mm~1cmが腕時計の内周の長さとなります。

    好みもありますが、最近はブレスレットのように余裕をもって
    少しジャラつかせるのが流行りですので、プラス1cmが良いでしょう。

    • 11213664
    • 2017年 3月 23日

    はじめまして。
    コメント失礼します。
    こちらのブログを読ませて頂き、NEEZ様のメッシュベルト仕様に憧れ、SNZH55を購入しました。
    そこで私も肉厚なメッシュベルト系に変更を検討しておりますが、素人の私にはどのベルトを購入すればよいのか見当が付かず、ご相談させて下さい。
    NEEZ様のセンスで構いませんので、タイコノート以外でSNZHにバランスよくマッチしたオススメなどございませんか?
    又、タイコノートでしたら艶有りでしょうか?
    長さは19cmで少し余裕がある程度ですが、購入時はどの様に検討すればよいのでしょうか?
    長文となり大変申し訳ありませんでした。
    ご教授頂ければ幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • NEEZ
    • 2017年 3月 24日

    11213664さん。
    コメントありがとうございます。

    メッシュバンド好きが増えて私も嬉しく思います(笑

    さて、メッシュバンドの実際の選び方ですが、
    バンド長に関してはどの製品もかなりの調整幅があるので問題ないかと思います。

    問題は、バンド表面がポリッシュかサテン(艶消し)かで悩むことになるのですが、
    ひとつの選び方として、オリジナルのバンドがポリッシュかサテンか、
    または時計のラグの部分(もしくは弓カン=別名フラッシュフィット)が
    ポリッシュかサテンかで、交換するバンドも同じ表面処理のものを選ぶ、
    というのがあります。

    写真を見る限り、SNZH55はラグとバンドがサテン処理なので
    メッシュバンドもサテンにしたほうが統一感が得られるように思います。

    ちなみに選ぶサイズですが、SNZH55はラグ幅が22mmだそうですので、
    タイコノート製品なら下の
    ■ シャークメッシュバンド FLEXIBLE LINK ブラッシュドになるでしょうか。

    タイコノート以外の製品でしたらAmazonでおよそ1万円ほどで購入できます。
    軽く調べたところ、以下のものがヒットしました。

    ■ Geckota シャークメッシュブレス サテン仕上げ 22mm
    (長さ:135~185mm)

    ■ StrapsCo 22mm シャークメッシュバンド OMEGAプロプロフ用
    (長さ:125~190mm)
    ※OMEGAプロプロフ用とはありますが、ラグ幅が同じでなので全く問題ナシ

    もしかしたら、いずれも同じ製造元でOEM製品かもしれません。

    ご参考になればと思います。

    • 11213664
    • 2017年 3月 24日

    NEEZ様
    ご連絡有難うございました。
    大変参考になりました。
    早速購入してみようと思います。
    またご相談させて頂く事もあるかと思いますが、引き続き宜しくお願い致します。
    本ブログも楽しみにしております。
    (5スポーツ系の情報もお願い致します)

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。