~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

侮るなかれ、コンビニ弁当の商品力。

2013.07.26

2 comments

 

時計とはあまり関係がありませんが、

セブンイレブンでとても感心したことがありました。

どうしても書きたかったので今回はそのお話です。

 

会社の近くのセブンイレブンに寄ったときのこと。

いつもは弁当持参なのですが、たまたま忘れてしまい、

コンビニで弁当を買うことにしました。

 

ちょうどその日は7月22日(月)、土用丑の日。

昨今、ニュースで取り上げられている鰻の価格上昇の話題もあって

買う気はなくても、それとなく鰻蒲焼弁当に目が行くものです。

 

ですが、私が注目したのは別の品。

鰻蒲焼弁当のとなりに並んでいた「炭火焼牛たん弁当」でした。

 

gyutan

 

食べたかったから?

美味しそうだったから?

 

いやいや、違います。

 

炭火焼牛たん弁当という「商材」を鰻蒲焼弁当の隣に置いた、

ということに関心したのです。

 

それはもう、なんの迷いもなくレジに持って行ったほど。

即決。

 

なぜ関心したか。

ひとつはパッケージ。

 

その牛たん弁当は鰻弁当と同じパッケージを使用していました。

これは明らかに価格が高騰した鰻の替わりとして意図的にあつらわれ

用意されたものです。

 

鰻の替わりが牛タン?

 

そうです。

姿が似ているサンマやアナゴの蒲焼じゃありません。

牛たんという、鰻と同じような特別感のある商材です。

単品で勝負できる本物の商材です。

そこがポイントなんです。

 

土用丑の日は「暑い夏を乗り切るため鰻を食べて栄養をつける」

そうした風習から世間では鰻が食べられています。

また、現代人の我々の思考として、

 

・暑い夏は食べやすい蕎麦やそうめんばかりで栄養が偏りがち

・バテやすい時期こそ、栄養のあるものをガツンと食べたい

・冷たいものばかりではなく、温かくて味の濃いものが食べたい

・ボーナス出たから少しは財布に余裕がある

 

そもそも鰻は、こうした思考背景にピタっとハマってたんですね。

でも、最近は価格高騰で簡単には手が出せなくなってしまいました。

そうなったら、どうするでしょうか。

消費者が望むことは、

 

・スタミナ食

・温かい食べ物

・ガツンとした食べ応え

・ちょっとした贅沢

 

これを満たすこと。

そうです。

牛タンはこれにドンピシャだったのです。

 

あともうひとつ、丑の日には『う』の字がつく物を食べると夏バテしない

という言われもあります。

「牛」はこれにも外れていないんです。

 

つまり、鰻を食べる大義名分である「暑い夏を乗り切るため栄養をつける」

という、こうした消費者の要望を満たすことができれば、別にそれは

鰻でなくてもよかったのです。

 

そこに気付いていたセブンイレブンの商品開発。

 

下手にサンマやアナゴの蒲焼を提供するより、

ちゃんとした本物の商材で代替品を提案するほうがよいと判断したこと。

 

私はここに大いに関心したのでした。

 

もちろん価格設定でも抜かりはありません。

「炭火焼牛たん弁当 680円」

価格が大幅に上がってしまった鰻の下をくぐる実にいい価格帯です。

ちょうど数年前の鰻蒲焼弁当の価格と同じくらい。

それでいて安すぎない。

弁当のメイン価格帯であるワンコイン500円は上回りますが、

鰻蒲焼弁当を買おうと思っていた人には凄くお手頃に映るでしょう。

 

こうした消費者の要望を満たす商品を発見すること。

そしてそれを適正な価格で適正なタイミングで提供すること。

これがまさに「仕事」なんですよね。

 

メーカーであればそうした商品を作る。

商社や問屋、小売であればそうした商材を仕入れる。

ようはニーズに気づけるかどうかなんです。

形にできるかどうかなんです。

 

題材にあげたコンビニ弁当1つとっても、

裏ではそうした「仕事」がなされている。

 

今回、セブンイレブンの店頭を見て改めて考えさせられたのでした。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4 投票 / 平均値:4.00 / 合計値:16)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • O
    • 2013年 8月 08日

    セブン&アイの好調を一手にささえるのがセブンイレブン。
    POSなどから、仮説を立てて検証する作業が常時行われているみたいだね。
    www.sej.co.jp/company/aboutsej/info.html

    • NEEZ
    • 2013年 8月 08日

    あ、O氏
    わざわざこっちにコメント、サンクスです。

    セブンのPOSは徹底したPDCAサイクル(それも短いスパンで回す)で
    品揃えをしてますなー。

    うちの社長が、地元ヨーカドーの支配人から聞いた話によると、
    昔はまだPOSが完璧じゃなくて、カットしたい商品が店頭からなくなると、
    自動発注システムが「欠品」と認識して発送の段取りをしようとしていたとか。

    あとは「近所の学校で運動会があるからお菓子を多めに」とか、
    そうした地元の行事を反映した品揃えはPOP情報だけではカバーできないから
    最終的には店長の情報収集能力が頼り、ってことらしいです。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。