~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計のデザインを妄想して遊ぶ

 

今日はちょっと時計のデザインを妄想して遊んでみましょう。

 

「こんなカラーバリエーションがあったらいいのになー」と思ったら

直ぐにやってみたくなるんです。

 

で、時折いくつかのモデルをチマチマと弄っているのですが、

いつもいつも思うのが、クラシックなデザインの手の加え難さ!

 

スポーツウォッチならある程度適当でもなんとか見れるものになります。

でもランゲのような意匠の時計は全然触れません。

手が止まってしまうんです。

これは恐ろしいことですよ!

 

なんでしょうかねー。

伝統というか様式美が「迂闊に触るな」と警告してくるようです。

 

 

 

というわけで、最近カスタムした時計をご紹介。

 

まずはロレックスのGMTマスターⅡから。

左の画像がオリジナルで、右がカスタムになります。

 

GMT-m-custum

 

ロレックス GMTマスターⅡはダイヤルに美しい青や赤色をラインナップに

加えています。

個人的にオレンジ色も似合うと思うんですよ。

オメガのプラネットオーシャンもオレンジが映えますし。

もしかしたらリリースされるんじゃないかなと思える色ですね。

 

 

お次はグランドセイコー。

 

seiko-custum

 

トゥールビヨンです。

もし、グランドセイコーからビヨンが出たらこんな感じになるでしょう。

ジャガールクルトっぽいというか。

デイト無しが理想なんですが、多分、セイコーは付けてくるでしょうね。

で、時計ジャーナリストに「デイトは余計」と批判を受けるのです(笑

 

現実的な話で言ったらセイコーからトゥールビヨンは絶対に出ないでしょう。

トゥールビヨンは姿勢差の影響を無くして精度を上げるのが目的ですが、

セイコーは精度の面ではすでにスプリングドライブを持っています。

もし仮に出るとしたら、クレドールからだと思います。

 

 

次もトゥールビヨン搭載はあり得ない、

オメガ スピードマスター トゥールビヨン。

 

sp-mas‎-custum

 

ムーンウォッチで名を馳せているスピマスですから、

「重力」の問題を解決するためのビヨンの搭載はありません。

だって宇宙で使えますから。

しかもクロノグラフ機ですからね。

ムーブメントのスペースからいって益々あり得ないモデル。

でも、どうでしょうか?

恰好良くないですか?

自分は萌え萌えです。  (;´Д`)ハァハァ

 

 

次はヴァンクリーフ&アーペルのミッドナイト ポエティック ウィッシュ。

 

arpel‎-custum

 

ミッドナイト ポエティック ウィッシュといっても、

こちらはケースを利用しただけですね。

文字盤は葛飾北斎の版画をモチーフとしたジャポネスクVerです。

こういったのはカルティエなんかも作りそう。

なんとか波のダイナミックさをギミックに活かしたかったのですが、

アイデアが浮かびませんでした・・・

残念。

 

 

最後は、パテック・フィリップ Ref:5205G-001。

 

patek-custum-b

 

FPジュルヌのようにブラスト処理された文字盤仕様なんかいかがでしょう?

これは完成度は高いと思います。

でも少し無難すぎるかな・・・?

多分、パテックのことですから、このような文字盤を出すとしたら

表面処理に新技術を採用してくることでしょう。

熱処理とかメッキ処理とか。

そこら辺の妄想も楽しい。

 

 

とまぁ、このような感じでデザインをカスタムして遊んでおります。

 

次回は是非ともランゲ&ゾーネのカスタムにチャレンジしたいですね!

 

もう、本当に難しいんです、ランゲ。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (10 投票 / 平均値:4.60 / 合計値:46)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。