~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計を「学ぶ」ということ

 

どのような趣味であれ、その事に対する知識を深めるということは、楽しくも

あり、また、一線を超えると仕事のように胃を痛めるものでもあります。

 

私も時計というものを趣味としているわけですが、よく人に勘違いされるのが

「沢山の時計を購入しコレクションしている」類の趣味だと思われること

です。 実は私は、さほど多くの時計を所有しているわけではありません。

数えても、せいぜい30本程度でしょう。 持っている人からすればゴミみたい

な本数です。 当然、好きな時計ですから、沢山手元に置きたいという願望も

持ち合わせています。

 

ですが私は、それよりも、所有することよりもむしろ、自らの手で造り出し

たいのです。 道として時計学校に通い、時計店やメーカーのメンテナンス

部門に属して腕を磨く、という方法もありますが、自分は趣味の成れの果て

として自作の道を行くことにしました。

私の「時計が趣味」 とはそういうことなのです。

 

第一目標は、10年以内に3針スモールセコンドを素材から制作。

第二目標は、15年以内にトゥールビヨンを制作。

ルビーとゼンマイはおそらく外注になるでしょうが、他は自作します。

目標はフィリップ・デュホー氏のシンプリシティです。

 

 

 

問題は、どのようにして時計制作に関する知識を得るか?

 

正攻法は

「教科書を読み、手順を踏んで段々と学んでいく」

これが一番全うな方法ではないでしょうか。

 

しかし実際問題、この教科書にあたる本が非常に少ないのです。

今まともに手に入るのは「基礎時計読本」と「標準時計技術読本」くらい

でしょう。 かくいう私も「時計旋盤工作」という本を探しているのです

が、なかなか見つかりません。 (お持ちの方でもう不要という方が

いらっしゃれば1万円ほどで譲っていただきたいです・・・)

根本的にスタートの部分で躓いてしまっています。

 

では、どうするか?

 

私の考えた方法は「道具を知る」という手法です。

 

道具というのを「ある物をある状態にする物」と、

または「ある物がある状態になっているかを確認する物」と定義します。

それをひっくり返して考えるのです。

 

どういう事とかというと、

「物AをBという状態にするために道具Cを用いる」、この考えを、

「道具Cは、物AをBという状態にする」という考えに変換。

さらに、

「道具Cが存在する意味を知ることができれば、

物AがBという状態にあるべき、ということを知ることができる」

というように発展させます。

 

つまり、時計の道具をしっかり勉強することによって、

時計の部品がどのような状態でなければならないのかを

遡って知ることができるのです。

 

例として「出車抜き」という工具がある、これはすなわち

出車は圧入されている、ということを知ることができる。

 

幸い、ベルジョンなどの工具メーカーは、

便利な道具を沢山使ってもらおうと、様々な道具を発売しています。

物によっては「こんな道具使わなくてもできるよ」と思うものもありますが、

むしろ、知識が欲しい私にとっては手がかりが増えることになります。

用意されている道具の数が多ければ多いほど、

「物Aはこうあるべき」という情報が手に入るのですから。

 

 

 

ですから、このブログは「所有している時計の紹介」といった

見る人にとっては一番興味深いであろうコンテンツが多くありません。

今後、今回のような文字多めの眠たい記事が多発するかもしれませんが、

その時は、真面目に読まず、ぼんやりと斜め読みしていただければと

思います。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8 投票 / 平均値:4.50 / 合計値:36)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。