~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

雑貨時計を真面目にレビュー BROOKIANA「BA1665」

2011.06.28

3 comments

 

今回は、最近コレクションに仲間入りしたBROOKIANA(ブルッキアーナ)

「BA1665」をレビューしたいと思います。

 

この時計はネット通販などで1万円ほどで購入できる、いわゆる雑貨時計で、

別段ブログに掲載する予定はなかったのですが、なかなか出来が良かったので

皆様にご紹介いたします。

 

BROOKIANA 「BA1665-SV」

 

 

思いっきりダトグラフ・フェイスです。

流石、リスペクトした元が良いだけに、印象はとても綺麗。

 

そのせいか、発売して直ぐに完売のオンパレードとなり、まさかこんな雑貨

時計で争奪戦に巻き込まれるなんて思いもしませんでした。

 

なんやかんやで、自分は5件目のショップでようやく入手。

世の中、物好きが多過ぎです(笑)

 

ちなみにこの時計は、当ブログでもちょくちょく紹介しているブランド

「B-Barrel」と同じ会社、(株)ディンクスさんの商品です。

 

[諸元]

・自動巻き(片巻き上げ)

・21600振動

・ビックデイト表示

・月、曜日表示

・手巻き機能アリ(巻き止まり)

(訂正します。巻く止まりではありませんでした。自動巻きで巻き止まりは

おかしいと思ってはいたのですが、どうやら、ただ単に馴染んでいなかった

だけのようです。)

・ハック機能アリ(!)

・3気圧防水

・バックスケルトン

・コインエッジ

・ステンレスケース

 

[寸法]

ケース径:43mm(リューズ含まず)

ケース厚:14.5mm(実測値  アナウンスは13.8mm)

カン幅:22m

尾錠幅:20mm

 

サイズは43mmですが、嵌めてみると大きさや厚みなどに違和感を感じ

ません。 最近は、自分も大き目の時計に慣れてきました。

 

 

月、日、曜日の調整は、ケースサイド3箇所に設けられたプッシュボタンで

行います。

 

 

日付はビックデイトで、十の位と一の位が独立して動きます。

これは楽しい。

 

 

不満点を挙げるとすれば、

 

・時針、分針が短い(秒針は完璧)

針のルミブライトは飾りで発光しない

(発光量が少ないですが、実際には発光しましたので記述を修正いたします)

・曜日を合わせるボタンだけ大きさが異なる

・ケースサイドのコインエッジの仕上げがイマイチ

・尾錠がダサい

・ムーブメントのペルラージュ装飾が少しクドイ

・リューズが大き目(でも最高に巻きやすい)

・ムーブメントスペーサーが樹脂

・ローターの駆動音がシャリシャリと大きい(でもETA2824より動きが軽快)

 

などなどありますが、値段を考えれば許容範囲です。

これらを全てクリアしたら相当価格が上がってしまいますし、第一、ここまで

細かい事にこだわる人はそれなりにお金を出してメーカー製の仕上げが美しい

時計を購入されたほうが心の健康を保てるのではないかと思います。

 

やはり、雑貨時計の類はデザイン重視と割り切って、服と合わせて気軽に

コーディネートするのが良いでしょう。

 

総評としては、「綺麗」、「高級感がある」、「時計オタク視点から見て、

デザインで違和感を感じる部位が少ない」、といったところでしょうか。

全体的に、なかなかの好評価です。

 

しかし、

この時計の一番の評価点は、「ダトグラフ欲しい病」の症状をいくらか

緩和できる、ということ!

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (21 投票 / 平均値:4.52 / 合計値:95)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • Mitsurugi
    • 2014年 7月 19日

    おはようございます。
    過去の記事にコメント失礼します。
    いつも記事を大変興味深く読まさせていただいてます。
    リスペクト元のダトグラフのことは知りませんでしたが、この腕時計の文字盤のデザインに一目惚れし、この記事も後押しとなって、最近、「BA1665-SV」を購入しました。
    ダトグラフ・フェイスがとても綺麗で気に入っております。
    ところで質問なのですが、私の「BA1665-SV」は12ヶ月表示の針(文字盤内の右の丸部分)が31日を過ぎても自動で動きません。
    側面のボタンを押すと手動では切り替わります。
    ネット等でいろいろ調べたのですが情報が少なく、また、通常の腕時計のように裏蓋を開ける構造ではないようなので自分で開けて確かめることもできません。
    NEEZさんの所有されている「BA1665-SV」は自動で切り替わっているのでしょうか?
    それとも元々自動ではなく手動方式なのでしょうか?
    お時間のある時で構いませんので、よろしくお願い致します。

    • NEEZ
    • 2014年 7月 20日

    Mitsurugi様
    コメントありがとうございます。

    こちらのBA1665-SVは月、日、曜日のトリプルカレンダーですが、
    月だけは独立していて、手動でポチっと押さないと動きません。
    31日分(時針62回、分針744回)、実際に針を回して確認しました。
    本当の意味での「アニュアル・カレンダー」です(笑

    12月カレンダーを動かすには巴のような形の歯車が必要なのと、
    日カレンダーと連動させないといけないため結構機構が複雑で、
    この時計の価格からしたら仕方ないと納得しています。

    • Mitsurugi
    • 2014年 7月 20日

    NEEZ様、早速の返信コメントありがとうございました。
    ご自身所有の「BA1665-SV」を摩耗させてまで実際に確認してくださったこと、申し訳ありませんでした。
    お陰で胸のつかえが取れました。初期不良と思って返品しなくてよかったです。
    大切に使っていきます。ありがとうございました。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。