~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

シーマスター プラネットオーシャン レビュー 諸機能クローズアップ

 

オメガ シーマスター プラネットオーシャン クロノのレビューの続きです。

 

と、その前に、

オメガに直接訊かないと分からない点がありましたので、

それについてサービスセンターに問い合わせてみました。

 

質問1:タイムグラファーに掛ける際の拘束角は何度か?

回答:「非公開です」

 

通常のスイスレバー式だと拘束角は52°が殆どなのですが、コーアクシャル

脱進機は違います。

下のPDFを読む限りベースムーブメントのCal.8500は38°のようですので、

おそらくCal.9300も38°でしょう。

 

Omega Press Trip Report 2.pdf

 

質問2:カレンダー切り替えの際、操作禁止時間帯はあるか?

回答:「ありません」

 

通常、カレンダーの切り替えは午後9時から午前3時には行ってはいけません。

この時間帯は、カレンダー板が切り替え歯車と噛み合っているため、そこで

無理に動かしてしまうと破損してしまうためです。

ですが、プラネットオーシャンのカレンダー切り替えは、短針だけ1時間ごとに

動かせるタイムゾーン機能を使って針を回して日付を変更させるので、操作禁

止時間帯がないそうです。

これは地味ですが安心ですね。

 

質問3:オーバーホール代はいくらか?

回答:「オーバーホールの基本工賃は¥57,750です」

 

当然これは現在の金額であり、将来的に変更もありえるし、状態によって

いくらでも変わるかと思います。

ですが、一応の目安を知ることができました。

クロノグラフですのでやっぱり結構なお値段はします。

 

質問4:オーバーホール時、針は必ず交換するか?

回答:「交換の必要性が無い場合は交換しません」

 

たしか、塗装の薄いスピードマスターの針などはオメガでは使い捨てるという

のを聞いたことがあるのですが、シーマスターのように大きくてポリッシュ

された針は再利用するのですね。

 

 

やっぱり、分からないことは当事者にスパっと訊くに限ります。

頭を捻っていても無理なものは無理ですから。

あと、ラバーベルトの金額も知りたくて聞こうと思ったのですが、

これはお店側のブログで「ラバー¥24,000 バックル¥30,000 計¥56,700」

というのを見つけましたのでオメガには問い合わせはしませんでした。

 

 

さて、ここらでプラネットオーシャンの細かい部分をクローズアップして

みたいと思います。

 

■エクステンション付きバックル

これはウエットスーツの上からでも付けられるようにバンドを25mm延長させ

る機能が付いたバックルです。

 

通常この状態が

IMG_3057

このように。

IMG_3058

普段はバックルの裏に折りたたまれていまして、

必要になったらパチっと簡単に展開できます。

IMG_3059

この機能は本当にダイビングする人向けですね。

クリック感も小気味よくて実にしっかりとした作りです。

 

■2色のスーパールミノバ

ダイバーズの時計はベゼルに目盛がふってありまして、このベゼルの基準を

分針のところにまで回転させ、ダイビング時間を知るために使います。

IMG_2897

 

主に酸素ボンベの残量を憶測するのに役立ちますね。

ですので、時間が延長されてしまうような右回転はできません。

もしベゼルが右回転するようなダイバーズがあったら、それは「なんちゃって

ダイバーズ」です。

この新型プラネットオーシャンは、ベゼルの基準と分針だけが緑色に発色する

ようになっています。

 

写真を撮ってみました。

IMG_3049

 

なんかビックリするくらいバッチリ撮れましたが、

このように緑色に光ります。

光量も凄い!

明るい!

 

■簡単バンド調整のスクリュー&ピンシステム

プラネットオーシャンのバンド調整は本当に簡単です。

バンド側面にネジがあり、それを外してやると太目のピンが中に入っている

だけです。 圧入などはされていません。

IMG_2876

IMG_2877

 

まぁ、片側だけネジを取ってもピンは引き抜きづらいので、左右のネジを外す

ことになりますが、それでも従来の留め方からしたら楽ちんです。

IMG_2878

 

必要な道具は2mmのマイナスドライバーだけ。

傷も殆ど付かないでしょう。

ピンを入れる方向もないし。

どうやら、この機構はオメガの特許らしいです。

こんなにシンプルなのに・・・

うーん、うまいことやりましたね(笑

 

■日付のクイックチェンジ

先日、カレンダーに目をやったら日付がパチッと変わるのを目撃しました。

プラネットオーシャンのカレンダー切り替えはクイックチェンジなのですね。

面白かったので動画を撮ってみました。

6時位置のカレンダー窓にご注目。

 

OMEGA seamaster planet ocean chrono (Cal.9300) – quick date change

 

オメガのHPによると、午後11時30分頃にカレンダー切り替えが開始され、

その後30分は終わろうとしている日付が半分隠れている状態が続き、

午前0時の前後10分間にカレンダーが切り替わって新しい日付が表示される

そうです。

動画を撮ったときはジャスト0時で切り替わりました。

こりゃスゲー!

 

 

さてさて、

過去3回にわたってシーマスター プラネットオーシャン クロノ Cal.9300の

レビューを行ってきました。

この時計の事に関しては、当ブログを見て頂ければ全てが分かるレベルにまで

持っていきたいのですが、まだまだ時間が必要なようです。

そろそろ別の話題も書きたくなったので、また面白いことを発見したときに

でも記事にしようかと思います。

今回はここまで。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (35 投票 / 平均値:4.49 / 合計値:157)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • TORY
    • 2013年 2月 04日

    いつも拝見しております。
    今回の詳細画像の数々は将来購入の参考になりました。
    ところでバンド調整のピンですが、GSの金属バンドも全く同じで、両側からビスでフタをする形になっています。(ビスの長さも目測ではほとんど同じような感じです。)
    ご存じなのかな?とは思ったのですが、オメガの特許だとするとセイコーは使用料を払っていることになるので、気になりコメントさせていただきました。

    • NEEZ
    • 2013年 2月 04日

    TORY様
    コメントありがとうございます。

    スクリュー&ピン システムですが、このような構造のブレスレットは
    他社の時計にもあるのでは?と思っているので自分も気になっています。

    この「オメガの特許」という情報ソースは、オメガHP内の記述です。

    プラネットオーシャン 007 スカイフォール
    “patented screw-and-pin bracelet”
    www.omegawatches.com/gents/product-presentations/planet-ocean-skyfall

    シーマスター レディース コレクション
    “OMEGA’s patented screw and pin system bracelets”
    www.omegawatches.com/ladies/product-presentations/seamaster-aqua-terra

    この文章を発見してから、本当にそうなのか特許文章を探しているのですが、
    残念ながら、まだ見つけられていません。
    私自身も、この疑問点はぜひ解決したいと思っています。

    • TORY
    • 2013年 2月 05日

    NEEZ様
    コメントありがとうございました。
    思いつきで写真を1枚撮ってみました。
    www.dropbox.com/s/127s80x5pjq3dfv/DSC02121.jpg
    微力ながらもご参考になれば幸いです。(^^)

    • NEEZ
    • 2013年 2月 05日

    TORY様

    わざわざお写真まで撮っていただいて恐縮です。

    確かににシーマスターのブレス構造と同じですね…

    もしかしたら、オメガが取得した特許ではあるものの、
    もう有効期限である20年が経過しているため、
    セイコー側も自由に使っているということも考えられます。
    実際にセイコーが採用している脱進機まわりのエタクロンも
    ETAの特許でしたし。

    この件について、セイコーのお客様サービスに問い合わしている最中です。
    ですが正直、返答さえ帰ってくればラッキー程度に思っています。

    さて、どうなりますでしょうか。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。