~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

「週刊 和時計をつくる」 第1号

 

デアゴスティーニから発売されている「週刊 和時計をつくる」ですが、

昨日、第2号と第3号が届きました。

定期購読は、奇数号の発売日に2号同時に郵送されてきます。

 

毎号、制作の様子をお伝えしてもよいのですが、作業工程がそれほど多くない

ので、先日の投稿で、1か月に1度、4号まとめて紹介していくことを宣言

しました。 ですが、今回は第1号の記念ということで、例外的にご紹介したい

と思います。

 

 

週刊 和時計をつくる 第1号

「文字盤の墨入れと音穴板をつくる」

 

まずは、文字盤の墨入れです。

 

これが手を加える前の文字盤。

 

おっと、いきなりキズを発見。

 

まぁ、量産品ですから仕方ないですね。

このままでは気分が悪いので、紙ヤスリで磨きます。

 

家にあった田宮模型の1500番フィニッシングペーパー。

 

ひたすらゴシゴシ・・・

 

 

これが磨いた後です。 すっかり綺麗になりました。

 

折角なので、更にピカピカにするためポリッシュを掛けてみましょう。

 

ワコーズのメタルコンパウンド登場。

 

ひたすらゴシゴシ・・・

 

すると、

 

 

イエーイ! ピカピカ!

 

さて、ここでお気付きの方はいらっしゃるでしょうか?

 

実は、時計で文字盤に対して鏡面加工することは、

光が反射してインデックスが見えづらくなってしまうため禁忌行為なのです。

ブレゲなどでお馴染みのギョーシェ彫りも、そもそもは文字盤の乱反射を防ぐ

ための装飾です。

 

では今回、なぜ私がそれを行ったかというと、この時計が5年、10年を経過

した時に、文字盤が綺麗に均一に酸化してくれるように、という目論みが

あったからです。

 

せっかくのクラシカルな時計です。

私のブログでは、ただ作るのではなく、年月が経過した後の姿がより美しく

見えるよう、今後も何かしらの手を加えながら制作していきたいと思います。

 

 

次は肝心の「墨入れ」を行います。

 

先ほど磨いた文字盤に、付属していた墨汁を塗って、布でふき取ると―

 

 

うおー! 思った以上に品格が出ましたよー!

 

最初と比べてみてください。

 

なんというか、ゴージャス!?

う~ん、これは良い出来なんじゃないでしょうか。

完成した姿が楽しみです。

 

 

 

さて、お次は和時計のムーブメントを囲うケースの作成です。

でも今号に付属しているのは音穴板の1枚だけです。

 

コレですね。

 

まずは「透かし布」を検品。

 

・・・。

 

あー、個人的にNGですね。

布の目が綺麗じゃありません・・・。

しかも、布を左右にちょっと引っ張ると、簡単に網目が歪みます。

 

急いでホームセンターに行き、金属メッシュを購入してきました。

 

これなら満足できそう。

 

で、音穴板の実際の制作は超簡単で、メッシュを2枚の板で挟むだけです。

 

 

これが完成した音穴板です。

 

よしよし。

網目も正しく並んでいて美しい。

単なる布から金属メッシュにしたため耐久性もアップしました。

 

 

やはり、ただ与えられたものをなぞるのは駄目ですね。

常に多方面から観察し、敏感に疑問を感じ取り、より良い方向に持っていく。

趣味の世界なら尚更。

あとは時間とコストと相談になる訳ですが。

 

 

とりあえず、今回はここまで。

次回は第2~5号まで、4回の制作の模様をお伝えしようと思います。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8 投票 / 平均値:5.00 / 合計値:40)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。