~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計に関する特許を読む。 ショパール編

 

時計の知識を深めるために読み始めた時計の特許。

以前はブランパンのトゥールビヨンに関連した特許を読みました。

 

今回、目に留まったのは、

ショパールのフリースプラング、「ヴァリナー・テンプ」です。

 

出願番号:特願2003-81070

特許権者:ショパール マニファクチュール ソシエテ アノニム (スイス国)

発明の名称:調速装置が設けられたバランスホイール

 

 

このブログに目を通してくださっている方は、もうご存知かと思いますが、

「フリースプラング」は、ヒゲゼンマイに接する緩急針を持たず、

テンプに設けた「偏芯錘」によって慣性モーメントを変えて調速を行うものを

言います。

 

一般的にフリースプラングは歩度調整の幅が狭く、

加工精度が高くないと実現できないため、高級機に用いられています。

特にパテック・フィリップなんかが有名ですかね。

 

ショパールは、タイミングスクリューで歩度調整をするチラネジ付テンプや、

パテック・フィリップのジャイロマックス・テンプの欠点を解消しようと

ヴァリナー・テンプ」という名前でこのテンプを発表しました。

 

 

 

では早速、特許を読み込んでいきましょう。

まず、ショパールが言う従来の調速機能付きテンプの欠点とはこうです。

 

チラネジ(タイミングスクリュー)式テンプの欠点

・1つ以上のねじが部分的または全体的に緩み易い

・テンプの慣性の調節を行なうためのねじへのアクセスが困難

・調節ねじの所望の位置決めを確保することも困難で、誤調節も排除されない

 

加えて、チラ座(ワッシャー)調整式の欠点

・リム内にねじを螺入する必要があり、かつ1つまたは数個のワッシャーの

付加による段階的な調節が行なえるに過ぎず、充分に正確な調節は行なえない

 

チラネジ式、ジャイロマックス共通の欠点

・テンプのリム部は、ねじ及び釣合い錘(偏芯錘)が乱流を発生させるため

空気抵抗が大きく、良好な作動および規則性が損なわれる

 

まさしくショパールの言う通りですね。

では「ヴァリナー・テンプ」はどのようなものなのでしょうか。

その形状について、文章で以下のように書かれています。

 

————————————————————————————–

振動周波数を調節するための慣性調節装置が設けられたバランスホイールにおいて、突出部が存在しない円形のリムを有し、該リムは半径方向アームを介してハブに連結されており、各アームとリムとの交差部において、リムにはその1つの表面に開口した凹部が設けられ、該凹部の底にはリムの他の表面に開口した通路が設けられ、ほぼU形の形状を有する釣合い錘が弾性変形により凹部内に導入され、これらの釣合い錘は、釣合い錘自体の弾性による摩擦力によって、対応凹部内で所望の角度位置に保持されることを特徴とするバランスホイール。

————————————————————————————–

 

特許文章なので難しくなりますが、簡単に言うと

ジャイロマックス(偏芯錘)をリムにピッタリ埋め込んだテンプ」という

ことです。

 

 

またショパールは以下のように説いています。

 

————————————————————————————–

【発明が解決しようとする課題】

本発明の目的は、正確かつ連続的な調節が行なえる装置が設けられ、製造および調節の両方が容易なバランスホイールであって、バランスホイールの振動運動中の空気力学的外乱を最小にできるバランスホイールを提供することにある。本発明の他の目的は、振動周波数を調節する慣性調節装置が設けられた、特に時計装置のムーブメント用バランスホイールであって、上記目的を達成できかつ既存の装置の上記列挙した欠点を解消できるバランスホイールを提供することにある。

————————————————————————————–

 

この発明のメリットを要約すると

・正確に調節が行える

・製造、調節が容易

・空気抵抗が極めて少ない

こうしたテンプのようです。

 

これは、従来のタイミングスクリューと緩急針を用いて調速をする

チラネジ式のデメリット解消とパテックのジャイロマックスの更なる

低空気抵抗を実現する夢のようなテンプですね。

いや、素晴らしい!

 

特許文章には続いて、ヴァリナー・テンプに関するポイントも書かれて

いました。

 

●テンプのリム部に関して

————————————————————————————–

テンプは4本のアームを有するが、本数は異ならせることができ、例えば2本または6本にすることができる。 リムは、その上面または下面にも、或いは内面または外面にも突出部が全く存在しない円形の形状を有し、従って、バランスホイールの運動中の空気との摩擦による外乱は、できる限り最小となるように低減される。

————————————————————————————–

 

○要約

リムは上下、内外、ども面にも突起が無く、空気抵抗は少ない

 

 

●釣合い錘(偏芯錘)とそれを収める凹部に関して

————————————————————————————–

釣合い錘は、凹部内に強制的に押込まれて、これらの凹部内に完全に沈下され、バランスホイールの振動中の空気との摩擦も完全に回避される。釣合い錘は、凹部の直径と同じ直径またはこれより僅かに大きい直径をもつ円内に内接する。釣合い錘は、弾性的に変形し、従って、釣合い錘自体の弾力により、凹部内でこれらの釣合い錘の角度位置に摩擦力によって保持される。釣合い錘のスロットの幅はリム底面に空けられた通路の直径より小さく、従って、通路内に係合されるパンチの補助により、釣合い錘をその凹部から取出すことができる。

————————————————————————————–

 

○要約

釣合い錘は圧入したあとU字型の弾性により摩擦力で保持される=取り付けネジ不要

リムの凹部底面に空いた穴の直径は、釣り合い錘のスリットより大きいため、低面の穴からピンを押し込むことによって簡単に釣り合い錘を取り出せる

 

 

 

●調速について

————————————————————————————–

日周作動の調節は、釣合い錘を凹部内で360°の調節範囲に亘って回転させ、バランスホイールの慣性モーメントを変化させることにより行なわれることに留意すべきである。この調節が如何様であっても、従って釣合い錘の位置が如何様であっても、バランスホイールの振動から生じる空気の摩擦は一定に維持され、バランスホイールの作動に影響を与えない。 凹部内での釣合い錘の位置の調節は容易である。なぜならば、釣合い錘にはバランスホイールの上面からアクセスでき、かつ釣合い錘は、これらの弾力以外の力によっては凹部内に固定されないからである。

————————————————————————————–

 

○要約

歩度調整を行っても突起量は変化しないため空気抵抗も一定でテンプの動作に影響を与えない

釣合い錘は圧入でネジ留めしていないので、調整は簡単

 

 

●製造について

————————————————————————————–

バランスホイールの機械加工は簡単であり、穿孔加工およびリーマ加工を要するに過ぎない。

————————————————————————————–

 

 

ヴァリナー・テンプのメリットを総括すると

 

・この構造を工作するのは超簡単

・ジャイロマックス式の空気抵抗を激減

・調速しても空気抵抗は変わらず

・釣合い錘の固定はリムへの圧入だけでネジ不要

・釣合い錘の位置調整はテンプ上面から容易アクセス可能

 

 

ぐぬぬ・・・

欠点が無い・・・

 

フリースプラングなので調整の幅が狭いくらいかー。

 

特許取得が2002年なので、特許が切れるまであと10年。

効力が切れたら一斉に普及すると思います。

シンプルで得られる効果も大!

これは本当に素晴らしい。

 

自分も自作出来た場合には是非とも導入したいですね!

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8 投票 / 平均値:4.38 / 合計値:35)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。