~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

オメガ シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ (Cal.9300)を購入

 

新しい時計をお出迎えしました。

 

新型 オメガ シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフ (Cal.9300)

232.30.46.51.01.001

IMG_2924

IMG_2934

IMG_2931

 

前にもコーアクシャルの考察で書きましたが、

このオメガのダイバーズがずーっと気になっていまして、

昨日、とうとう我慢できずに購入してしまいました。

 

こちらの時計、とにかくスペックが高次元!!

その内容を箇条書きでざっと書きます。

 

・存在感のある45.5mmケース

・逆回転防止セラミックベゼル (ビッカース硬さ1200Hv)

・ドーム型サファイアクリスタル風防

・600m防水 (裏蓋がシースルーバックでいて600m防水を実現)

・ウエットスーツの上からでも付けられるエクステンション機能付きバックル

・COSC認定クロノメーター

・新型3層コーアクシャル脱進機

・耐磁性と耐腐食性に優れたSi14シリコン製ヒゲゼンマイ

・フリースプラングテンプ

・アガキ調整可能な両持ちブリッジのテンプ受け

・ベースムーブCal.8500の25,200振動(7振動)から28,800振動(8振動)にUP

・重たいコーアクシャルとアロー針を回す大パワーを持ったダブルバレル

・パワーリザーブ60時間

・両巻き上げ自動巻き

・クロノグラフに垂直クラッチを採用

・誤作動を防止させる新型3層コラムホイール

・3時位置に同軸積算計

・6時位置にデイト表示

・時間を止めず、1時間ずつ時針だけ動かせるタイムゾーンファンクション機能

・ヘリウムエスケープバルブ

・夜光に2色のスーパールミノバ

・54石

・4年保証

 

よくもまぁ、これだけの機能をふんだんに盛り込んだもんです。

3針Cal.8500とクロノCal.9300は雑誌での評価や巷の評判も上々の様子。

個人的に新型シーマスター プラネットオーシャン クロノグラフは、

オメガの中で最も挑戦的な時計だと思います。

やはり、最新ダイバーズの醍醐味はオーバースペックであることですね。

「そんな機能、使う場面が無い」なんて野暮なことは無しです。

 

Cal.9300

IMG_2868

 

 

デザインと機能、両方に惚れ込んで入手しましたので、

私、今日はちょっとテンションがオカシイかもしれません。

 

自身、初めてのデカ厚時計で色々不安でしたが、

腕に嵌めた瞬間、そんな考えは吹っ飛びました。

 

こりゃ、カッコイイ!!

 

サイズは45.5mmと大きく、流石に重さは気になりますが、

付け心地は悪くないと思います。

 

むしろ、この重さが心地良い!!

 

そして、厚さはなんと19mm。

スピードマスター(右)と比較してみました。

IMG_2880

 

凄い厚さ…

でもこれがタマラン。

 

実際に腕に付けるとこのような感じになります。

IMG_2905

 

自分の体型は身長175cm、体重75kg、手首17.5cmです。

腕とのバランスも許容範囲かと思います。

 

いやー、終始ニヤニヤしっぱなし(笑)

これは買ってよかったですよー。

 

今後、

・オメガの特許であるバンド調整方法

・外装レビュー

・テンプ・コーアクシャルについて

などいくつか掘り下げてみたいと思います。

 

 

—[ 追記 ]————————————

タイムグラファーにかけて歩度のチェックを行いました。

拘束角が不明でしたので、Cal.8500と同じ38°に設定しました。

 

文字盤上  0s 279°
文字盤下 +1s 287°
12時上  0s 283°
6時上  +1s 294°
3時上   0s 281°
9時上   0s 285°

 

本当にクロノメーターの精度です・・・

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (55 投票 / 平均値:4.49 / 合計値:247)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • イワ
    • 2013年 11月 26日

    wakmanndiver様のブログから飛んできました。
    wakmanndiver様同様、濃い内容の記事満載で読んでいて勉強になり楽しいです。
    過去記事をゆっくり読ませて頂きます。
    この時計は地元の正規店で試着したことがあります。
    正面の顔はカッコイイのですが、私には厚すぎて購入までには至りませんでした。
    Ωは好きなメーカーでスピマス5thモデル等数本もってます。
    最近は垢抜けた洗練されたモデルが増えて毎年注目してます。
    ただ値段が高くなってきたのが欠点ですが。

    • NEEZ
    • 2013年 11月 26日

    イワさん

    コメントありがとうございます。

    私もオメガは好きなメーカーです。
    最近のオメガはコーアクシャルだけでなく、
    素材を巧に使って、傷が付きにくいセラミックベゼルや
    耐磁ムーブメントなど、果敢に攻めていて好感が持てますね。

    しかし、イワさんが感じられているように価格は上昇気味で、
    近年登場している新モデルは殆どが50万円超えです。
    今後展開する全てのモデルはコーアクシャル&耐磁にするそうですから、
    価格上昇の流れは続きそうです(泣

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。