~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

シチズン『カンパノラ』にラ・ジュー・ペレ製の機械式ムーブメントを搭載

 

ちょっと面白いニュースが飛び込んできました。

 

いよいよシチズンのブランド「カンパノラ」から、以前傘下に収めた

スイス「ラ・ジュー・ペレ」社の機械式ムーブメントを搭載したモデルが

発売されるようなのです。

 

 『カンパノラ』
~ラ・ジュー・ペレのメカニカルムーブメント搭載のモデルが登場~
2014年8月上旬発売

citizen.jp/topics/2014/20140618.html

 

『NZ0000』

campa-01

 

0363341_03

 

campa-03

 

 

いやー、これは興味深いことですねー。

 

ラ・ジュー・ペレを傘下に収めた直後は、「もしかしたらシチズンに搭載される

かも」と、期待半分、面白半分に言われていましたが、まさか本当に搭載して

くるとは・・・。

 

正直、シチズンは(というか日本の会社は)やらないだろうなと思っていました。

 

こうなってくると、ラ・ジュー・ペレのどのキャリバーを積んでくるのか

俄然興味が湧いてきます。

 

というわけで、調べてみました。

 

まず、シチズンのHPでどのようなムーブメントを搭載しているかを確認します。

 

campa-04

 

ふむふむ。

Cal.Y531なる自動巻きのようです。

 

では、「Cal.Y531」をGoogleに検索をかけてみます。

結果は、シチズンのモデルしか出てきません。

どうやら、これはシチズン向けの品番のようです。

 

仕方がないので、ラ・ジュー・ペレの単語「La Joux-Perret」を

Googleにて画像検索をかけ、このカンパノラのモデルの特徴である

12時位置にカレンダーのある、同じような他の時計を探してみました。

campa-05

 

すると、ありました!

 

ウォルサムの「サー ウォルサム」です!

campa-06

 

レイアウトが全く同じですね。

 

では、このサー ウォルサムのキャリバーはなんでしょうか?

 

「La Joux-Perret Cal.3513」

 

なるほど。

Cal.3513というムーブメントなんですね。

 

さらに続けて「Cal.3513」をGoogle検索にかけます。

 

 

出ました!出ました!

 

Lajoux Perret 3513 11 1/2 TOP rhodié

campa-07

 

どうやらCal.3513のスペックは、

直径25.6mm、28,800振動、21石というものらしいです。

 

ですがそこで、もう一つ面白い記述を発見!

 

「Calibre : Lajoux Perret 3513 TOP nickelé sur base 2892A2」

 

!?

ETA2892-A2ベース??

 

ちょっと画像を並べてみるか・・・

 

こちらがラ・ジュー・ペレのCal.3513

campa-08

こちらがETAの2892-A2

campa-09

 

あー、コレは確かに同じですわー。

 

ETAの2892-A2はコーアクシャル脱進機を乗せて

オメガのCal.2500というムーブメントにもなっていますね。

campa-10

 

うん、同じ。

 

 

ということは、大きな改造点はカレンダーとパワーリザーブですかね。

 

例えば、オメガのCal.2500を搭載している「シーマスター アクアテラ」は

カレンダーはシングルディスクで、位置は3時です。

 

campa-11

 

対して、カンパノラ「NZ0000」やウォルサム「サー ウォルサム」は

ダブルディスクで12時位置となっています。

campa-12

 

これはラ・ジュー・ペレ「Cal.3513」の文字盤側

カレンダーの変更とパワーリザーブの追加が見てとれます。

campa-13

 

 

どうやら全貌が明らかになってきましたよ。

 

まとめると、

 

カンパノラのNZ0000に搭載されている「Cal.Y531」は、

ラ・ジュー・ペレがETA2892-A2をベースにパワーリザーブを付け、

カレンダーをダブルディスク化し12時に配置した「Cal.3513」を

さらにシチズン用にカスタムしたもの。(石数21石→25石など)

 

と結論づけることができました。

 

ベースはETAですが、カスタムが実に真っ当です。

小手先だけの変更ではありません。

気になる値段は¥530,000(税抜)もしくは¥500,000(税抜)ということですから、

内容からみると、これは大変良心的ではないでしょうか。

 

いやー、これは面白い製品ですよ、シチズンさん。

 

 

 

2014.7.28 追記

文中に「ETA2892-A2ベース」と書きましたが、

どうやら、正しくは「セリタSW300ベース」だそうです。

 

ソース

bizmakoto.jp/style/articles/1407/18/news151.html

 

セリタ社は時計の心臓部であるムーブメントの製造会社で、

特許の切れたETAムーブメントの代替機を製造しています。

ETAのCal.2892-A2の代替機はセリタではSW300と呼ばれ、

昔はETAを搭載していたモデルが、今ではセリタに置き換わっていることも

よく聞かれるようになりました。

例:IWC、フレデリックコンスタントなど

 

ちなみに、ETA代替機のセリタ互換は以下のようになっています。

ETA2824→セリタSW200 (3針センターセコンド、8振動、自動巻き、デイト)
ETA2836→セリタSW220 (3針センターセコンド、8振動、自動巻き、デイト)
ETA2834→セリタSW240 (3針センターセコンド、8振動、自動巻き、デイデイト)
ETA2892A2→セリタSW300 (3針センターセコンド、8振動、自動巻き、デイト)
ETA7750→セリタSW500 (6針クロノグラフ、8振動、自動巻き、デイト)

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (39 投票 / 平均値:4.67 / 合計値:182)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。