~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

ガラス管オイラーを作る。 後編

2012.11.16

4 comments

 

今回の更新は、前回の続きです。

ガラス管とシリンジノズルを使った自作オイラー制作の後編。

 

さて、ガラス管の処理ですが、シリンジノズルにスッポリと収めるために、

差し込む方の角を削って落としましょう。

角を落とせれば道具は何でもいいのですが、ここではドライバー研磨用の

インディア砥石を使います。

 

ゴリゴリ・・・

 

出来ました。

まだ荒いので、仕上げにアルカンサス砥石で磨いてもよいかもしれません。

 

とりあえずノズルを付けてみましょう。

サクっと

 

 

完成しました!

 

もっと長くても良いのですが、自分はこれくらいの長さが好みです。

 

このような感じで使います。

 

 

そして、肝心の注油精度はというと・・・

 

 

キター!!

バッチリですよ!

 

 

凄い! 想像以上の扱いやすさ!

本当に、一度使ったらピンタイプには戻れません。

 

余りにも注油精度が高いので文字も書けます(笑)

(爪楊枝の先端と比べて)

 

 

うむ。

ガラス管オイラーは実に良いものだ。

 

 

とりあえず駆け足で完成させましたが、これはあくまでも試作品です。

問題は山積していて、これを1つ1つ解決していかなければなりません。

現在挙がっている一番大きな問題点は、ガラス管のサイズそのものです。

 

後から発覚したのですが、実はシリンジノズルの差し込み口の内径は

4.2mmだったのです。

それでいて、近いサイズのガラス管は既製品で外径が4mmしかないのです。

ですので、ほんの僅かな隙間が存在することになります。

これを、どうにかしてピッタリに収めないことには後々オイル漏れが生じます

ので対策は必須。

解決方法ですが、いくつか候補を挙げてみました。

 

・4.2mmのガラス管を手配

・4mmガラス管の先端を溶かしてからノズルに差し込み、隙間を埋める

・5mmのガラス管を4.2mmまで削る

 

このうち、2番目の「ガラス管と溶かしてからノズルに差し込む」というのを

やってみたのですが、初めはうまく行きました。

しかし1時間ほどして、溶かした部分が勝手に弾け飛んだのです。

特に触ってはいません。

ただテーブルに置いておいただけで、自然と。

 

接合部分がガラスとステンレスなので、やはり、冷えたときの形状変化で

無理な圧力がかかってしまったのでしょう。

もう、先端は粉々です。

しかも、これ1本だけではなく作成した3本とも、ヒビもしくは自然粉砕が

起こったので、根本的にこの方法は無理だと悟りました。

 

次に、5mm管を削るという選択肢がありますが、これは旋盤でガラス管を

回して手バイト、という方法しかやりようがないと思うのですが、旋盤を

持っていないので却下です。

 

最後に一番簡単な「4.2mmのガラス管を手配」ですが、実はこれが一番厄介

なのでした。

どこのガラス屋を覗いても4mm管しか置いていないのです。

仕方ないので、試しに以下の寸法でフルオーダーの見積もりを取ってみま

した。

 

外径:4.2mm

内径:1.2mm(又は1.0mm)

厚み:1.5mm(又は1.6mm)

長さ:120mm

本数:20本

 

なんと、見積もりが10万円と出ました。

 

最初に問い合わせた所が品質重視の工業系のガラス会社だったので、

このような金額になってしまったのではないかと思うのですが、

とにかく金額が想定外です。

あと数社、メールで問い合わせており返答待ちなのですが、本当に4.2mmが

無い。基本、オーダーメイド。

 

これは困った・・・

 

まだ本格的に業者をあたっておりませんので、可能性はあると信じたいです。

 

 

その他の問題点を整理すると、このようになります。

 

・23G(0.63mm)ではノズルが太すぎる

・ガラス管の内圧を保つためエンドを塞がないようにする

・オイルの充填方法の確立

 

 

とりあえず、ガラス管型オイラーの有用性は確認できましたので、

これらを解決していき、満足のいくように改良していきたいですね。

 

多分、「ガラス管オイラーを作る。リベンジ」として記事は続くと思います。

 

 

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (13 投票 / 平均値:4.62 / 合計値:60)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • どもども
    • 2016年 11月 02日

    耐油の液体ガスケットで隙間を埋める、とうのはどうでしょうか?
    実はこの記事に刺激されて僕も作ろうと思っていますが、ノズルとの接合は液体ガスケットを使って、ガラスの頭はふさがずにコルクで栓をしようかなと企んでます。
    やって見ないとうまくいくか判りませんが、参考まで!

    • NEEZ
    • 2016年 11月 03日

    どもどもさん
    コメントありがとうございます。

    隙間を埋める方法ですが、時計屋さんで聞いたところ、
    三栄水栓製作所や株式会社カクダイなどの「シールテープ」を使っているとのこと。

    これですと簡単にノズルの取り外しもでき安価、オイルも侵さないようです。

    それとこの記事の後、自分もガラスの頭も塞ぐのをやめてみました。

    • kawamura_tokei_megane
    • 2018年 10月 18日

    ガラス工房でも材料を成型後にそのまま冷やすのではなく、少し温度の低い炉の中で冷却をしないとガラスは破損してしまいます。常温では急激に冷えすぎてしまうのです。
    オーブンを予め高温で焼いておいて余熱で冷却するのはどうでしょうか?
    私も興味があるのでリベンジお願いします。

    • NEEZ
    • 2018年 10月 19日

    確かにガラスにヒビが入るのが頻発しておりました。
    ガラス管メーカーの方も「ゆっくり冷却しないと、まず上手くいかない」とおっしゃっていました。

    結局、こちらのガラス管オイラーですが、エンド部を閉じてしまうと内部の密閉された空気のせいでオイルの出入りに支障が出るので、結果的に切りっぱなしにしています。

    肝心のオイラーへのオイル充填方法ですが、シリンジノズルの先端にオイル滴を当てる感じで触れさせると毛細管現象で中に吸い込まれていきまので、これを数回繰り返してやると上手くいきます。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。