~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

OMEGA機関誌「LIFETIME」を貰ってきました

2013.03.08

2 comments

 

最寄の時計店で、オメガが発行している機関誌「LIFETIME」 を貰って

きました。

 

今号の内容は007メインの「映画とオメガ」 といった感じですね。

IMG_3220

IMG_3221

 

 

このLIFETIMEは他にも数冊発行されているのですが、

自分はこの号と、もう1冊しか持っていません。

IMG_3222

 

大体140ページほどあり、中身が濃いので時々読み返すと

新たな発見があったりもします。

 

丁度、持っていた号が「水特集号」ということで、

主にシーマスターについてフォーカスを当てていたようです。

IMG_3223

 

この頃は、まだシーマスター プラネットオーシャンを持っていなかったので

これはと思い、久々に開いてみました。

 

 

題して「ダイバーズウォッチの機械学」

実に興味深い題材です。

IMG_3224

IMG_3226

 

 

自分が特に気になったのは、リューズやクロノボタンの防水性能。

IMG_3225

 

ケースなどは別段可動部分はありませんので、

防水性を確保するのは容易に想像できるのですが、

ボタンやリューズとなると、どういう構造になっているのでしょうか?

気になります。

 

 

お、早速図が出てきました。

IMG_3229

 

これはクロノグラフのプッシュボタンのようですね。

 

う~ん、よくわからん・・・

「Oリングで防水性を確保している」という記述はありますが、

そのOリングは、ボタンユニットとケースをシールしているもののようです。

肝心なプッシュボタンのシャフトとボタンユニットの隙間を埋める方法に

ついては特に説明がありません。

 

でもでも、ボタンを押しても600m防水を確保しているようです。

 

IMG_3231

とりあえず、読み進めましょう。

 

リューズについての記述が出てきました。

IMG_3232

構造はこのようですね。

IMG_3234

 

・・・ん?

IMG_3233

 

んー!???

 

ちょっと気になる記述が。

 

この説明には、ねじ込み式リューズを締めた状態で

「耐水性は50バール/500m」とあります。

確か、プラネットオーシャンは600m防水のはず。

 

ねじ込み式リューズが締まっている状態で500mなら、

そこから更に+100mの防水を確保するにはどうすれば?

 

それと、シーマスターのリューズは2段階引き出せるのですが、

1段階目を引き出したときは50m防水なのに対し、

2段階目を引き出したときの防水性は60mになっています!

 

増えてる。

えー、なんで!?

 

この図が2段階目を引き出した状態です。

IMG_3246

 

別に、巻き芯側にフタが付いていてケース内側と密閉させている様子も

ありません。

 

これは一体・・・

 

どうしましょう。

変な謎が増えてしまいました(泣

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (11 投票 / 平均値:4.09 / 合計値:45)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • wakmanndiver
    • 2013年 3月 12日

    NEEZさん、オメガがお好きなんですね!
    私だけじゃなくて良かったです。

    アンティークのオメガもお持ちなんですか?

    • NEEZ
    • 2013年 3月 12日

    wakmanndiverさん

    そうなんです、オメガ好きなんです。
    確かにアンティークも欲しいのですが、その資金は全て時計の道具と本に
    消えていってしまっています・・・

    時計のブランドに関してはそれぞれ感想を持っていまして、
    仕上げがすごいと思うのはランゲ&ゾーネ、パテック、オーデマピゲですね。
    美しいと思うのはラング&ハイネ、Jダニエルズ&Rスミス氏、ブレゲです。
    コスパが良いのはノモス、Fコンスタント、ルイエラールでしょうか。

    あと特別賞をあげたいのはセイコー5ですね(笑
    あの値段で、あの精度!
    特に、手巻き・ハック機能が付いた4R36は脅威です。
    世界中どこを探しても、あの機械を超えるムーブメントは存在しないでしょう。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年1月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。