~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

魅力を引き出す!メッシュバンド

2013.08.23

4 comments

 

最近ちょっとメッシュバンドが欲しくなりまして。

 

mesh00

 

ネットで物色しているんですが、これが結構いいお値段するんですよね。

自分が欲しいなぁと思った品は1万5千円くらいでした。

でもまぁ、革バンドと違い殆ど劣化しませんので

1度買ってしまえば長く使えるのがポイントです。

さて、どうしようか。

 

それはそうと、

皆さん、メッシュバンドはお好きですか?

 

正直、好みは分かれるんじゃないかと思います。

自分は嫌いじゃありません。

昔はなんだかオジサンくさくて敬遠していましたが、

逆に今は、それが渋くてカッコ良く映るんです。

外国人の太くて毛深い腕に巻かれている写真を見ると

「うぉー、カッコイイー」ってなります。

 

それとメッシュバンドは意外とモデルを選ばないんですよね。

スモセコ3針に付ければアンティーク感が漂い、

ダイバーズやパイロットウォッチに付ければ男臭さが一気に倍増!(笑)

更にはレディースモデルにだって合っちゃいます。

実に懐が深い。

 

ふいに組み合わせたとき「新たな魅力」を発見する、

そんなサプライズ性がメッシュバンドにはあるのではないかと思います。

 

普通、時計のバンドを変えようと思ったとき、

真っ先に想像するのは革ベルトで、色や素材を悩むのではないでしょうか。

カーフにしようかクロコにしようか、はたまたオーストリッチか。

ステッチは何色にしようetc…

 

そんな思案中に「メッシュバンド」を思い浮かべる人は

あまり居ないのではないかと思います。

やはり普段から馴染みがないというか。

そもそもしっかり探さないと売っていないという。

おまけに高価。

 

そんな方にこそ気づいてほしい。

お手持ちの時計がもっと魅力的になることを。

「デイトナにメッシュバンドを付けている人を電車で見た」

「時計店の店員さんがブライトリングのアンティークにメッシュバンドを

付けていた」

結構見かける機会はあるものです。

遭遇すると「おっ!?」って一瞬見入ってしまうんです。

実に不思議な魅力。

 

と、まぁアレコレ言っていてもなかなか想像が付きづらいのは確かですので、

実際にメッシュバンドを装着した画像をいくつか用意してみました。

参考までにご覧ください。

 

 

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

mesh01

ロレックス オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ

mesh02

ブライトリング クロノマット44

mesh03

パネライ ルミノール マリーナ

mesh04

オメガ シーマスタープラネットオーシャン

mesh05

ゼニス クロノマスター Tオープン

mesh06

ロンジン フラッグシップ ヘリテージ

mesh07

IWC ポルトギーゼ

mesh09

フランク三浦 マカオデスティニー サイコロ

mesh08

 

どうでしょうか。

琴線に触れた組み合わせはありましたでしょうか?

 

個人的にポルトギーゼがツボ!

(*゚∀゚*) ムハー!!

 

やっぱりカッコイイ、メッシュバンド。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (20 投票 / 平均値:4.55 / 合計値:91)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • まさ
    • 2014年 6月 12日

    メッシュブレスは、私もかなり数を持っていて、夏場には、トロピックのラバーかどちらかで付け替えて遊んでいます。STAIB、VOLMERが個人的にメッシュの中でも使い分けしています。
    昨年、Habrig2のフドロワイヤントをシエルマンで見たのですが、時計と合っていてエンドピースがカーブしていて良かったです。機械に非常に御詳しいので、お聞きしたかったのですが、フドロワイヤントの機構等、御隙なときに解説していただければ幸いです。

    • NEEZ
    • 2014年 6月 12日

    まさ様

    コメントありがとうございます。

    メッシュバンドは本当に時計が好きな方でなければ
    なかなか目に留めない種類のものだと思います。
    もっとメジャーになれば面白いのですが。

    海外のサイト経由でチャード・ハブリング氏の
    Habring2のフドロワイヤントの動画と図面を見てみました。
    多分こちらをFlash等で再現するのは難しくなさそうです。
    でも一か所、センターセコンドのステップの仕方が分かりませんでしたので、
    なんとか理解して再現したいと思います。

    • ケン
    • 2016年 12月 11日

    とても興味深く、拝見させていただきました。アンティーク調の時計はもちろんですが、現行の時計にもメッシュバンドはとてもよく合いますね。手持ちのオメガスピードマスタープロフェッショナル、カルティエタンクのバンドをメッシュバンドに交換したくなりました。ちなみに、もしよろしければ、こちらのメッシュバンドのメーカー、型番等を教えていただくわけにはいかないでしょうか?よろしくお願いいたします。

    • NEEZ
    • 2016年 12月 12日

    ケンさん

    コメントありがとうございます。

    メッシュバンドですが、
    私は『タイコノート』のシャークメッシュバンドを利用しています。

    値段は少々お高いですが、肉厚でしっかりしており、
    スピマスとかにはピッタリでオススメです!

    ちなみにタイコノートは下のサイトが買うことが出来ます。

    ■ SHARK MESH BAND
    item.rakuten.co.jp/taikonaut/c/0000000307/

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。