~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計に関する特許を読む。 セイコー編 その2

 

時計の知識を深めるために読み始めた時計の特許。

 

今回はセイコーインスツルが考案した、

「保油機能のあるガンギ車」に関する技術です。

 

————————

出願番号:特願2009-3612

出願人:セイコーインスツル株式会社 (日本国)

発明の名称:摺動部品及び時計

課題:本発明の課題は、潤滑油保持構造と、相手部品との接触角度に因らず

潤滑油を供給する構造を有する、耐摩耗性の高い摺動部品を提供することである。

————————

 

 

さて、よく機械式時計では、いかにゼンマイのパワーをロスさせずに

テンプまで力を伝えるかという、その問題がいつも付きまといます。

 

その理由はもちろん、テンプを元気よく振らせるためです。

 

テンプが元気よく振れるのが何故良いのか?

 

それは外乱に影響されづらくなるからです。

「外乱」とは、振動や時計の角度によってテンプが受ける重力に対する

振り角の変化(姿勢差)ですね。

 

機械式時計の、時を刻む原理は『振り子』ですので、

その動きが絶えず一定で安定しているほうが精度に影響は出ません。

 

ですから、ゼンマイのパワーが無駄なくテンプに伝わるのが理想なのです。

 

 

しかし、機械というのはどこかしら物と物とが触れ合っており、

その部分の抵抗などでパワーが損失されてしまいます。

 

その代表的な部分が、脱進機であるガンギ車とアンクル爪石の擦れでは

ないでしょうか。

 

 

おさらいとして、脱進機の動きは下のようになっています。

(Flashが閲覧できる環境でご覧ください)

 

擦れる部分というのは青丸の部分ですね。

seiko-vol2-01

 

この青丸部分でガンギ車がアンクルを押し上げてアンクル竿を左右に振らせ

テンプに右回転、左回転の力を交互に与えているのです。

 

 

そこで問題になるのが「摩擦」です。

 

この境界面にはオイルが必ず塗られていなければなりません。

ですが、この部分は現代的な時計であれば、毎時21,600~28,800振動、

すなわち片側の爪石でそれぞれ毎分180~240回も擦れていることになります。

 

これではオイル切れにより振り角が落ちてしまうのは想像に難くありません。

 

そこで、セイコーが考えたのが「ガンギ車の衝撃面に溝を設けて、そこにオイルを

溜める」という方法でした。

 

 

————————

【発明が解決しようとする課題】

【0004】
特許文献1に記載されている構造では、摺動部が平滑のため、潤滑油を使用したとしても、潤滑油が摺動部に留まらず、分散する可能性が高い。

【0008】
本発明の目的は、相手部品との接触角度に因らず潤滑油を供給するための潤滑油保持構造を有する、耐摩耗性の高い摺動部品及び時計を提供することである。

————————

seiko-vol2-02

 

 

セイコーが試みた解決方法は至ってシンプル。

ですが、効果は大いに期待できそうです。

 

実はこちら、特許をただ取得しただけではなくて、

実際にもう使われているんですよね。

 

その時計は、私自身も何度かブログ記事内で欲しい欲しい言っている

10振動の「グランドセイコー メカニカル ハイビート 36,000」です。

 

seiko-vol2-03

 

 

肝心のガンギ車の形状は、特許のものと少し異なりますが、

果たそうとする目的は同じです。

 

seiko-vol2-04

 

seiko-vol2-05

 

 

この窪みの部分にオイルが溜まり、何もない平面時と比べて

オイルが急激に飛散してしまうのを防いでいるわけです。

 

10振動ですと片側の爪石に対し、毎分300回も摩擦が起こることになりますから

セイコーとしても本気で対策を施さなければならなかったのでしょう。

 

 

さらに調べましたところ、セイコーはこのような油保持の特許を

別の手法で、もう一ひとつ取得しているようでした。

 

————————

出願番号:特願2009-111230

出願人:セイコーインスツル株式会社 (日本国)

発明の名称:機械部品及び機械部品の製造方法

課題:側面の全面に亘ってムラ無く均等に潤滑油を保持することができる機械部品を提供する。

————————

 

こちらの特許は、溝を刻むのではなく、部品表面に複数の微細な穴を空けて

そこにオイルを留まらせようという方法です。

 

————————

本発明に係る機械部品は、電鋳により所定の厚みに形成された金属製のプレート体と、該プレート体の側面の全面に亘って凹み形成され、潤滑油を保持可能な複数の保油孔と、を備えていることを特徴とする。

————————

 

ガンギ車の図では、このようになっていました。

 

seiko-vol2-06

 

この方法ですと、コストはもの凄く掛かりそうですが

溝を刻む等の形状の変更はさせませんから、

あらゆるパーツに施し、一様に保油効果を持たせることができます。

 

特許の説明では、カンヌキばねにも処置を施していました。

 

seiko-vol2-07

 

 

なるほど、なるほど。

非常に興味深い方法ですが、やっぱり製造コストがネックになると私は思います。

 

 

 

というわけで、今回の特許に関する読み込みは、

ガンギ車と爪石の間の潤滑についてフューチャーしてみました。

 

うーん・・・

ガンギ車とアンクル爪の部分の保油については、

今後も永遠と考えられていくのでしょうね。

 

将来的には、解決方法として『いかに油を留まらせるか』、

もしくは『ガンギ車と爪石の接触がいかに少ない構造にするか

この2択というこになるのでしょう。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (12 投票 / 平均値:5.00 / 合計値:60)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。