~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

「週刊 和時計をつくる」 第30~33号

 

デアゴスティーニ「週刊 和時計をつくる」

第30~33号を作成していきます。

 

前回は作業がそれほど無かったので持て余し気味でしたが、

今号はそれなりです。

 

まずは「天符切替」を作成していきましょう。

パーツはこちら。

 

このように組み立てていくのですが、左右のネジは工具を使わず手回しでOK。

 

銀色の留めネジは先端部にバリがあったのでヤスリで処理しました。

 

組んだ天符切替を、柱の中央にある窪みに取り付けます。

 

こういった感じですね。

ドライバーでクリクリっと締めてこの工程は完了。

 

 

次は「三つ枝金」というパーツの取り付けです。

 

まず、右側の柱の窪みにネジを取り付けます。

 

このネジは、柱の向こう側から先端が飛び出るような形状になっていて、

それが三つ枝金を支持する軸になります。

 

出た軸に対して三つ枝金をつっかけます。

 

ムーブメントをひっくり返して、反対の左側を上面にしたら、

右側と同様にネジをねじ込んで左右から挟み込みます。

 

取り付け完了。

 

この「三つ枝金」は重力を利用したラチェットのようなパーツで、

「後二の輪」を止める役割があるそうです。

とはいえ、これが実際どのように動いていくのかまだ分かりませんので

完成が楽しみです。

 

 

続いて、「雪輪」の組み立てをしていきましょう。

 

雪輪は時打ちの回数を決定するパーツですね。

パーツ群はこちら。

 

ムーブメント左面の中央柱に「雪輪根車」を置きます。

 

その上に「雪輪連結板」をネジ穴に合わせて重ねます。

 

さらにその上に「雪輪天符切替カシメ」を乗せます。

 

これら3枚をネジ止めするのですが、その前にワッシャーを用意。

 

一緒にドライバーで留めれば完了です。

 

今回の作業では雪輪はユニットを組み立てるだけらしいので、

外して別に保管しておきます。

 

 

お次は、久々の木製パーツ。

和時計の一番下になる土台の作成ですね。

 

「台下板」に「台足」を仮止めし、マスキングテープでマーキングします。

 

台足を外して、台下板に木工ボンドを塗ります。

 

マスキングテープに合わせて台足を元に戻し、しっかり圧着&固定。

 

はみ出したボンドは爪楊枝にティッシュペーパーを巻きつけて

拭き取りました。

あとは辞書などを乗っけて放置です。

ちなみに写真だと足が曲がって付いているように見えますが、

接写しているためこんな風に写ってしまっています。

 

 

いやー、今回で30号を超えました。

「週刊 和時計をつくる」は全60号ですので、折り返したということに

なります。

 

あと半分かー。

長いような短いような。

 

もっと細かいパーツで「週刊 懐中時計をつくる」を販売して

くれませんかね(笑)

バージ脱進機、ミニッツリピーター、ポーセリン文字盤、ルイ15世針で。

 

お値段?

 

できれば30万以内でお願いします。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。