~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

スピマス クロノグラフの動作 その5 ~解説~

 

それでは前回のスピードマスター プロフェッショナルのクロノグラフの動作

下のような図解で解説して行きましょう。

861action-00

 

 

と、その前に、綸列受けなどクロノ機構に被ってしまっているパーツを非表示にして

動きがよく分かるようにします。

861action-01

 

まずはスタートボタンを押す前の状態です。

水色に着色した縦長のパーツは「カップリングヨーク」と呼ばれ、

オレンジに着色してある下側の歯車「4番車」と、

ムーブメントの中央にあるグレーに着色した「クロノグラフランナー」を

連結したり離したりして動力伝達をコントロールしている重要なパーツです。

861action-02

 

カップリングヨークには「カップリングヨーク・ギア」という歯車があり、

秒針が付いている4番車と常に接し、回転しています。

861action-03

 

このカップリングヨーク・ギアがクロノグラフランナーと接触することによって、

回転の力が加わり、クロノ針が動き始めるわけです。

861action-04

 

カップリングヨークは、下で着色した「カム」によって往復の動きが

コントロールされます。

861action-05

 

そして、そのカムはスタートプッシュボタンと繋がっている

「オペレーティングレバー」と「コネクティングレバー」によって

右に左にと回転する仕組みになっています。

861action-06

 

早速、スタートプッシュボタンを押してみましょう。

861action-07

 

①:オペレーティングレバーがスライド

②:その先についているコネクティングレバーがカムを右方向に回転させる

③:カムの回転によってカップリングヨークが動き、

カップリングヨーク・ギアがクロノグラフランナーに接触。

④:クロノ針が付いたクロノグラフランナーが回転を始める

861action-08

 

スタートボタンはこのような仕組みで動いています。

結構ごちゃごちゃして見えますが、よく観察すると意外とシンプルなのが

わかりますね。

 

 

次にストップ動作を見ていきましょう。

861action-09

 

①:オペレーティングレバーがスライド

②:その先についているコネクティングレバーがカムを左方向に回転させる

③:カムの回転によってカップリングヨークが動き、

カップリングヨーク・ギアがクロノグラフランナーから離れる。

861action-10b

 

ストップの動作は、スタートの動作とほぼ同じです。

違いはカムが右回転か左回転かの違いだけです。

 

この時、クロノグラフランナーの位置を保持しておくためのパーツ

「ブロッキングレバー」が動いて、クロノグラフランナーに接触します。

この画像では描いていませんが、カップリングヨークの下には

ブロッキングレバーに対して右回転方向に力を加えるスプリングがあります。

そういえば、ブロッキングレバーは通常プラスチックでできていますが、

バックスケルトンである3573-50は見た目の問題で金属製になっていますね。

861action-11

 

 

最後はリセット動作です。

先ほどまで非表示にしていた「リセットハンマー」を復活させましょう。

861action-12

 

リセットボタンを押すとリセットハンマーを押えていた「リセットピン」が

スライドしてハンマーから外れます。

861action-13

 

リセットピンが外れると、リセットハンマーはムーブメント上部の

「リセットスプリング」により下方に押され、クロノグラフランナーの中心にある

「ハートカム」を勢いよく叩きます。

861action-14

①:ハートカムはどの方向を向いていても必ず定位置に戻る

②: 同時に、クロノグラフランナーを押えていたブロッキングレバーが離れる

 

これでスタート・ストップ・リセットの一連の動作は完了です。

 

 

いかがでしょうか。

ちょっと駆け足気味でしたが、おおむねこの通りです。

 

再現してみての感想は、

・パーツ点数が少ない

・動作が必要最小限

これに尽きると思います。

 

やっぱりCal.861は安心感がありますね。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (17 投票 / 平均値:4.88 / 合計値:83)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • あき
    • 2013年 12月 14日

    すっごくわかりやすいです(・∀・)
    って、まだ一回読んだだけでは理解出来ていませんが(^_^;)

    まさに保存版のページです _(._.)_

    • イワ
    • 2013年 12月 14日

    NEEZさんのクロノグラフ講座は勉強になります。
    ありがとうございます。

    5100も部品にプラスチック使用と聞いたことあります。
    レマニア以外でもプラスチックを使ったりするのでしょうか?
    ひとつやふたつ部品をプラスチックにしても、たいして製造コスト減には
    ならないと思うのですが。
    以前から耐久性の悪いプラスチックを何故使用するのか疑問に思ってました。

    • NEEZ
    • 2013年 12月 14日

    あきさん

    クロノグラフは一度に複数の動作を行っていますので、
    なかなか説明が難しいです。
    本当はもっと上手く解説できればよいのですが・・・

    イワさん

    5100の画像を探して見てみました。
    確かに歯車にプラ製品を使っていますね。
    クォーツ部品の流用でコスト削減でもしてるのでしょうか?

    ちなみにスピマス プロのブロッキングレバーがプラ部品なのは
    押さえつける対象であるクロノグラフランナーの歯車を傷めないため
    と聞いたことがあります。

    • 木原 雅裕
    • 2016年 12月 31日

    このほどスピードマスタープロフェッショナルのクロノグラフリセットボタンが効かなくなり、ストップ出来てもリセット出来ない状態で修理も考えたのですが資金不足の為、とりあえず自分でリセットしたくNEEZさんのブログにたどり着き、構造をみながら裏蓋を外し、手動にてリセットピンを動かしたところ、リセットハンマーが解除され無事リセット出来ました。
    どうやらリセットボタンの不具合にて、何だかの原因にてボタン内部のピンがリセットピンパーツに届かなくなったのでは?と自分なりに考えています。
    修理、オーバーホールをすればいいのでしょうが現在資金不足で
    とりあえず今はクロノグラフ操作をせず通常使用のみにする事にしました。
    素晴らしくわかりやすい解説どうもありがとうございましたm(_ _)m
    凄く助かりました。

    • NEEZ
    • 2016年 12月 31日

    木原さん、コメントありがとうございます。

    何気に作ったスピマス解説がお役に立てたことを嬉しく思います。

    これぞインターネットの世界ですね。

    本当はランゲ&ゾーネのダトグラフやETA7750もやりたいのですが、
    現物を持っていないのと、ちょっと時間が足りなくて計画倒れという感じです。

    とりあえず、お役に立ててなによりです。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年5月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。