~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

「週刊 和時計をつくる」 第2~5号

 

デアゴスティーニ「週刊 和時計をつくる」の第2号から第5号までの

パーツが用意できましたので、早速、制作に入りたいと思います。

 

通常は届いたパーツ順に組み立てていくのですが、ここではケースなら

ケース、ムーブメントならムーブメントと、同一部位をまとめて作って

いくことにします。

 

まず、前号に続いて真鍮パーツの「墨入れ」です。

墨入れ方法はもうご紹介いたしましたので割愛いたします。

 

 

これが墨入れした後の「前扉」です。

 

細かい真鍮パーツもサクっとやってしまいましょう。

作業内容は前扉と同様に「磨き」と「墨入れ」です。

 

左上「指針」  右上「十干歯車」  下「十二支歯車」

 

塗りムラをなくすため、私は墨入れの作業を4~5回繰り返すように

しています。

 

 

次に「十干歯車」と「十二支歯車」と前扉にネジ止めします。

 

この歯車達を弓なりになった板バネで押えるのですが、

バネ圧が強すぎて回転が重かったので、すこし平らにならしてから取り付け。

 

 

試しに今まで用意してきたパーツを並べてみました。

 

おぉー!

ピカピカに磨いた文字盤とのコントラストが効いてる!

墨入れの回数を増やしているので、図柄もハッキリしています。

(是非、画像をクリックして拡大してみてください)

 

 

真鍮パーツは他にも「地板」にあたるパーツが届いているので、

これも組み立てましょう。

 

これはただ単に部品を地板にネジ込むだけなので問題ないですね。

 

次にムーブメントを保護する「ケース」の組み立てです。

 

4本ある柱のうち、3本までしか届いていないので中途半端ですが、

この作業はネジで柱を固定するだけなので何も問題ありません。

 

そして、取り付けた柱の間に前回作成した「音穴板」を嵌め込みます。

 

さらに「アクリル板」を嵌め込みます。

 

 

と行きたいところですが・・・

 

 

 

ババーン!!

急遽、ガラス板を手配いたしました!

 

折角のクラシカルな和時計なので、当時の雰囲気をさらに再現したいと思い、

同じ寸法のガラス板を発注です。

 

左「アクリル板」  右「ガラス板」

 

2mm厚なので透明度に違いは出ませんが、気分的に全然違います。

「時打ち」の音色にも違いが出てくることを期待しています。

 

 

実際に取り付けたところ。

 

こうして「ガラスが割れるかもしれない」という状況が作られたことで、

より一層、和時計を大事に取り扱うようになることでしょう。

 

今回もパーツを勝手に替えましたが、正直こういう所が一番楽しい!

 

もう一つ計画していることがありまして、「指針」を黒か朱色の漆塗りに

したいのですが、これは、完成した時の全体のバランスをみて決めたいと

思います。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8 投票 / 平均値:5.00 / 合計値:40)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。