~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

トゥールビヨンを分解しました。その3「組み立て復活編」

 

回転部分の根本の調査で始めたフライング・トゥールビヨンの分解。

 

なんとか構造は把握できたものの、

己の不注意でアンクルの爪石を取ってしまいました・・・

 

あらら

 

さーて、どうしたものか。

 

 

とにかく考えよう。

 

パーツのストックが無い以上、直すしか方法は無い訳ですが、それでも道具が

必要です。加えて自分にはまだ修理ノウハウがありません。

当然、出来るようにはなるつもりですが、やはり問題は「道具」と「知識」

です。

 

まず、無いもの。

・アンクル爪石調整器

・シケラック(接着剤)

・シケラックを溶かすヒーター、またはコテ

・アンクルの停止量を調整するノウハウ

 

爪石調整器は買うにしても10万以上はします。

それなりの値段ですので今直ぐ購入というわけにはいきません。

 

ノウハウに関してはもう経験を積むしかないのですが、

この点は逆に、今日がその最初の経験だと考えれば、むしろモチベーションが

上がります。

知識を収集し、経験して覚える。

この状況はむしろ望ところ。

 

とは言え、

やっぱり道具の未所持がネックか・・・

 

 

う~ん、スペアパーツを持っていればなー

 

別に下図のように変な形をしていない普通のスイスレバーなのに・・・

 

 

ん?

普通の形?

 

普通のスイスレバー!?

 

そうだ!

普通の形状なら他のムーブメントからアンクルを移植すればいいのでは!

 

たしか同じシーガル社でST-19のガラがある。

しかもST-19はTY-800と振動数が同じ21600振動だ。

ということは、拘束角も52°で同じはず!

 

これはイケる!

 

早速取り出し―

 

並べる。

 

キター!

同じだー!!

 

えっと、不注意で取れてしまった爪石は片方だけだったのですが、

もう一つの爪石はどれくらいの力で取れてしまうのか興味本位で

毟り取りました(笑)

 

こうして並べると、流石にアンクルの仕上げはトゥールビヨンのほうが

良いです。少しグレードは下がりますが、これはご愛嬌。

第三者に売ることも無いので問題なし。

 

 

よしよし。

これは動く、と確信したので猛烈な勢いで組み立て。

 

 

~ 20分後 ~

 

 

動いたー!!

 

 

 

いやー、すっかり元通りです。

一時は変な汗をかきました。

 

爪石調整を経験するチャンスは逃しましたが、また今度にしましょう。

 

 

組み立て時、メービスの9010を塗りました。

 

なんだか凄い勢いでテンプがぎゅんぎゅん振れています。

購入してから4年?は経っていた気がするので油が切れていたのでしょう。

 

今回のこの分解で大そうなOHでなく日頃のメンテナンス程度でしたら

トゥールビヨンの注油も自分で出来ることが分かりました。

 

転んでもただじゃ起きない。

意地でも何か拾ってやる。

 

あー、疲れた・・・

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (47 投票 / 平均値:4.72 / 合計値:222)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 中島 敏
    • 2013年 10月 09日

    本当に職人さんではないのですか?
    このページを見ながら思ったのですが 爪石が外れたときは目打ち台の上にホゾ真をいれ
    シゲラックを外さずシゲラックの付いていた位置に 爪石を戻し
    すると 石の向き深さがそのまま以前の場所に戻ると思います
    そして 小さい電器半田コテを近付けるとシゲラックは溶けると思います。

    このブログを見たのはたまたま クロック(清時代の置時計)のカナが磨り減り
    どこかで カナを造れる所が無いか検索中でした。
    当方 時計店です 旋盤はいつも使っています。

    • NEEZ
    • 2013年 10月 09日

    中島様

    当方は単なる素人で趣味として時計をイジっています。
    ですが、10年、20年後の将来はジョージ・ダニエルズ氏や
    フィリップ•デュフォー氏のように全て素材から削り出しで
    一から時計を制作したいと思っています。

    爪石の件、アドバイスありがとうございます。
    あの時は動転してしまっていて、経験不足ということもあり、
    正常な判断ができないでいました。
    いくつかセイコームーブメントのガラがありますので、
    意図的に爪石の接着テストしてみようかと思います。

    >このブログを見たのはたまたま クロック(清時代の置時計)のカナが磨り減り
    >どこかで カナを造れる所が無いか検索中でした。

    清時代とはまた凄いですね!

    カナを制作できるかわかりませんが、
    三井堂の安田さんという方が柱時計、置き時計の世界で
    結構有名だという話を聞いたことがあります。

    http://www.mitsuido.com/shige.htm

    もしかしたら、なにか進展が期待できるかもしれません。

    >当方 時計店です 旋盤はいつも使っています。

    本職の方にこのようなブログを見られるのは実に恥ずかしいです(笑
    また機会がございまたら寄ってくださいませ。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年10月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。