~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計に関する特許を読む。 ブランパン編

 

時計の知識をもっと深めるために、時計に関係した特許を読むことに

しました。

 

特許が取得出来ているということは、そのアイデアの価値が公に認められて

いるということです。

これは見方を変えると、こうも考えられます。

「現状、時計にAという問題が存在していて、それを手法Bによって解決する

ことができる」

それを認めた。

つまり、出願された特許を読み深めると時計に関する様々な問題点を知る

ことができるのです。

 

私が今回興味を持ったのはブランパンの「トゥールビヨンの歩度の不安定要因

を解決する」特許です。

 

出願番号:特願2010-239705

出願人:ブランパン・エス アー (スイス国)

発明の名称:トゥールビヨンおよび該トゥールビヨンを含む時計ムーブメント

課題:トゥールビヨンが有する歩度の不安定性の原因を改善すること

 

 

この特許はA4で10枚もありましたので文言を全て書くわけにもいきませんが、

大まかな構成はこのようになっていました。

 

・トゥールビヨンの機構とメリット

・現状のトゥールビヨンの問題点

・問題点の解決方法

 

トゥールビヨンの機構とメリットについてはブレゲに任せるとしまして、

肝心の問題点はこうでした。

 

————————–

理論上、トゥールビヨンは複数の垂直姿勢の間における歩度の変化を補償するという利点を有している。しかし、出願人が行った研究により、伝達されるエネルギーの変動によりこの利点がしばしば<打ち消されることが分かっている。これらの変動はがんぎピニオンと固定車との中心間距離の遊びによって生じる。この遊びは、遊星タイプのギアを形成するためにピボットが横方向にいくらかの余裕を有してベアリング内に保持されるような、従来型のピボットを使用することが原因である。

————————–

 

特許の文章は書き方が独特ですが、私はこう解釈しました。

 

————————–

確かにトゥールビヨンは姿勢差による歩度の変化を補正する利点がある。しかし、ブランパンが研究したところによるとトゥールビヨンは構造上、固定4番車とガンギ車カナとの中心距離が変化する。これにより伝達エネルギーにも変化が生じ、歩度が不安定になりトゥールビヨンのメリットが失われる。

————————–

 

中心距離は図でも示されていました。

 

 

これは時計を立てた状態で考えます。

 

図Aではa1の距離は設計の想定通りです。

図Bの状態ではキャリッジが引力の影響によりa2の距離が長くなります。

逆に図Cではa3の距離が短くなります。

 

このように固定4番車とガンギ車の位置に変化が生じると、歯車のピッチ点が

ずれて伝達エネルギーが不安定になり、折角の姿勢差の補正が無駄になる、

とブランパンは言いたいようです。

 

具体的な症状は以下になります。

 

————————–

歯車同士が離れ、歯の差し込みが浅くなると「バッティング」というギアの不具合が起こり、伝達される力が減少する。また更にはギア列が動かなくなるという形で現れる。歯車同士が近づき、歯の差し込みが深くなると「ドロップ」というギアの不具合が起こり、伝達される力が増大する。及び速度が不規則になるという形で現れる。

————————–

 

続けて、これを解決する方法はこうでした。

 

「固定4番車に接するカナを増やし、キャリッジの遊びを無くす」

 

なるほど、

キャリッジが下がるのなら、対面側にもカナを付ければよいという訳ですね。

 

設計では均等に3分割された位置にカナがあります。

 

 

 

ブランパンのフライング・トゥールビヨンに実装している図もありますが、

鳥の翼の位置にカナを追加していますので下図のようになりますね。

 

 

試しにFlashで動かしてみました。

(Flashが見れない環境の人は申し訳ない)

 

う~ん、これは興味深い・・・

 

ブランパンはリリースしているモデルでこの機構を実装しているので

しょうか。 ちょっと調べる必要がありますね。

 

それと、特許を読み込んでいく過程で様々な数値を知ることができました。

 

・キャリッジを支えるホゾの直径は0.20mm

・ホゾ穴の直径は0.21mm

・ガンギ車のホゾは0.09mm

・ガンギホゾを受けるホゾ穴は0.10mm

・時計を水平に置いた状態で、キャリッジホゾの中心とガンギ車ホゾの中心の

距離は3.50mm

・固定4番車のベアリングの隙間は0.005mm

 

いや~、これも面白い情報です。

時計製造に関する情報がバンバン出てきますよ。

 

他にもセイコー・インスツルが出願しているものはマニアックな情報

テンコ盛り! これは時間がいくらあっても足りません。

時計の構造や問題点を知りたい人は公開されている特許を読むことを

オススメします。

 

今後もこうした情報を拾っていきたいと思います。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 投票 / 平均値:4.40 / 合計値:22)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。