~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

行方不明だったジェームズ・ボンドの時計が発見されたそうです

2013.05.24

4 comments

 

長らく、その行方が分からなかったジェームズ・ボンドの時計が、

この度発見されたそうです。

 

ソース

METRO News

Mail Online

 

その時計というのがこちら、ブライトリングのTopTime。

br-tt-01

 

この時計は、映画007の4作目『サンダーボール作戦』でショーン・コネリーが

劇中で付けていたガイガーカウンター(放射線量測定器)付きの時計です。

br-tt-02

br-tt-03

 

007 サンダーボール作戦 オフィシャル・トレーラー(1965)

 

この作品は1965年に公開されていた映画のようですので、

実に50年近くもの間、行方不明になっていたということになります。

 

ちなみに、何故ガイガーカウンターが付いているかというと、

サンダーボール作戦のシナリオが、「犯罪組織が、盗難した原子爆弾と

引き換えにNATOに1億ポンド相当のダイヤモンドを要求してきた」という話

なので時計に放射線量測定機能が付いている訳ですね。

 

 

自分が驚いたのは、この時計が発見された場所。

いわゆる普通のフリーマーケットだそうです。

 

なんでもイギリスでは、車のトランクに商品を並べて販売するというスタイル

のフリーマーケット「Car boot sale(カー ブーツ セール)」が結構頻繁に

開かれていて、どうやらそこで発見された模様です。

(カー ブーツ=トランク)

 

イメージとしてはこんな感じ。

br-tt-07

 

下の写真の女性、ジェームズ・ボンドの上司Mに似てますね(笑)

br-tt-06

 

発見された時計、購入価格がたった25英ポンド=3,800円

(1英ポンド=153.8円 2013年5月24日現在)

 

やすっ!

 

そして、これがクリスティーズのオークションに出されるという話になって

おりまして、その推定落札価格が60,000英ポンド=923万円!!

 

ひょえ~・・・

発見した方はこの時計の価値を知っていたのでしょうか。

 

 

ちなみに、劇中に登場するTopTimeはクッションケース仕様の完全オリジナル

で、制作されたのは1本のみ。

 

こちらが一般販売されていたTopTimeです。

br-tt-04

 

ムーブメントは手巻きのバルジュー7730、18,000振動のロービート。

br-tt-05

 

うわ、手巻き2カウンタークロノでロービートなんて、超好み!

ムーブメントだけ考えても3,800円は安い。

 

 

あ、

肝心のオークションは、6月26日にサウス ケンジントン(イギリス ロンドン)の

クリスティーズ・オークションハウスで行われるそうです。

 

コレクターの方は是非どうぞ。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4 投票 / 平均値:5.00 / 合計値:20)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • wakmanndiver
    • 2013年 5月 27日

    NEEZさん、

    イギリスかぶれの私、
    やはりボンドはかなり好きです!

    代官山のバタックさんのショーン・コネリー風スーツを着て
    ボタンダウンにニットタイ、
    更にはチャーチの73ラストを合わせ、
    さらにはダイバーウォッチ(もちろん6238ではありませんがw)に
    例のストライプのナイロンベルトを付けて
    良い年をして密かにボンドごっこをしていたりします。

    ここまでやると、
    知っている人なら知っているはず、とも思うのですが、
    やはり人物が違い過ぎるせいか
    一度も声をかけてもらえた事が有りません!
    当たり前ですがwww

    しかし異常な形状のケースですね。

    かつてトップタイムを売る為に
    こんな特殊な時計とは知らずに
    ボンドもトップタイムを使ったんですよ、
    とお薦めしてしまった事が有りました。

    これだけでは嘘にならないかも知れませんが・・・

    楽しい記事をありがとうございました。

    • NEEZ
    • 2013年 5月 27日

    wakmanndiverさん

    逆に、全身バッチリ決まり過ぎていて「この人は只者ではない」と
    そう思われて声を掛けられなかったのだと思います!

    自分は最近、和服が欲しくてしょうがありません。
    なんというか部屋の普段着でも和服を着たいくらいなんです。
    この間、仕立ての見積もりを貰いに行ったら30万円くらいしましたので、
    さてどうしたものかと思案中です。
    部屋着くらいならもっと安いのでしょうが、見ているうちに
    「裏地の柄は~」「帯の素材は~」と始まってしまいました・・・

    そういえば、wakmanndiverさんはアンティークウォッチが
    お好きでしたよね。
    自分もこの記事を書いてからTopTimeが気になってきました。
    ロービート手巻きクロノというところが琴線に触れまくりです。

    というか、欲しいものが多すぎて首が回りません。

    • wakmanndiver
    • 2013年 5月 29日

    決まっているなんてとんでもありません。
    普通に変なおじさんでございます故・・・

    ということでトップタイムといえば
    悪口ばかりが聞こえてくるカム式の7730搭載機ですが
    拘り屋さんのNEEZさんなら
    ブライトリングならビーナス178、
    なんておっしゃるかと思っていましたqqq

    • NEEZ
    • 2013年 5月 29日

    やはり、いつの時代もカム式は悪役ですね・・・(笑

    アンティーク・クロノの良いところは、ヴィーナスやバルジューといった
    汎用ムーブが使用されていることによる、オーバーホールのしやすさでしょうか。
    ・OH経験のある時計師が多い
    ・パーツが豊富
    ・消滅メーカーの時計であっても修理可能
    ヴィーナス178搭載のナビタイマーにちょっと興味があります。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。