~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

ニュース『デトロイトで高級腕時計 米製造業復活の象徴めざす』

2014.02.21

2 comments

 

ちょっと変わったニュースを耳にしました。

 

なんでも、米デトロイト市でベンチャー企業が時計製造を始めたそうです。

 

日経新聞:

デトロイトで高級腕時計 米製造業復活の象徴めざす

TechCrunch Japan:

アメリカの製造業を復活させたい–デトロイトのShinolaが“スローな工場”で高品質を目指す

 

Shinola(シャイノーラ)

shinola01

 

デトロイトといえば自動車産業ですが、

現在ではかなりの財政難で半ばゴーストタウンと化していますね。

Google MAPなどをみると本当に酷いものです。

 

自分もこのニュースに興味を持ったので、

シャイノーラという会社がどのような時計を作っているのか、

少し情報収集をしてみました。

 

 

現段階ではどうやらクォーツムーブメントみたいですね。

これから先の展開でメカニカルムーブメントに手を出すのでしょうか?

 

画像や動画を見る限り、 一応ムーブメントの組立作業を社内で行っている

ようです。

shinola02

 

 

代表的なモデルは日本でも買えますね。

www.buyma.com/item/11603997/

送料込みで86,900円。

 

上のサイトでムーブメントの型番が表記されていました。

「Argonite 1069 movement.

46 piece quartz movement made with Swiss」

 

Argonite 1069というのは、スイスのロンダ社の製品です。

つまり、ロンダからパーツを手配して自社で組み立てを行っている、

シャイノーラの時計作りはそういうスタンスなんですね。

 

 

ちなみに、このロンダ1069、完成品をネットで買えちゃったりします。

【RONDA】ムーブメント 1069 2針 小秒針

お値段は、税込4,725 円・・・

 

うーん、いくら自社組立とはいえ売価で8万円は高いですよ。

 

やはり会社というのは、売上を上げて事業継続に必要なお金を得ることが

絶対条件ですから、売れなければ将来的にこの時計事業自体、

消滅してしまうかもしれません。

 

こうしたチャレンジ精神あふれる試みは是非とも応援したい

ところなのですが、ちょっと先が見えないかも。

 

なんとも残念です。

 

仮に、ある程度売り上げが上がれば、自社でメカニカルムーブメントの

生産開始、なんて更なる展開にも希望が持てます。

 

自分が受けた印象として、

このシャイノーラという会社は、時計を作ることが目的というよりも

デトロイトで時計を作ること自体が目的、すなわち自動車産業のような

モノづくりの土台そのものをもう一度作ろうとしているのかもしれません。

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (9 投票 / 平均値:4.89 / 合計値:44)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2015年 6月 01日

    RONDAのムーブメントの価格が5,000円弱として、ベルト、ベゼル、裏蓋、クリスタルガラス、文字盤、ASSY工賃、梱包箱等含めていくらだと妥当なのでしょうか??

    • NEEZ
    • 2015年 6月 01日

    シャイノーラがどこまで自社生産しているかはまだ調査を行っておりませんが、一般的にベルトやケース、ガラスなどを中国の部品サプライヤーから購入するとして、金額は大体↓のようになります。

    ■ガラス1枚=1ドル30セント (160円)
    ja.aliexpress.com/w/wholesale-parts-watch/7.html
    ■ステンレスバンド=4ドル85セント (600円)
    ja.aliexpress.com/wholesale?SearchText=watch+band&catId=&initiative_id=SB_20150531183449
    ■ケースは10セント~30ドル。
    www.alibaba.com/product-detail/OEM-and-ODM-empty-watch-case_1815046906.html
    時計を入れる箱は、安いもので1ドル~5ドルといったとろこでしょうか。

    そしてムーブメントは単品での小売りが5,000円程度なので、
    粗利30~40%と考えて、仕入れは3,000円以下でしょう。

    その他もろもろのパーツを含めても、時計1本5,000円~8,000円で用意できると思います。
    ここに人件費や家賃、光熱費などの経費、それと粗利を上乗せして、売価にすると、
    25,000円程度が現実的なのではないでしょうか。

    シャイーラの場合、
    ・初期投資の資金回収
    ・アメリカでの必要人件費の確保(人材育成含む)
    ・少数販売でボリュームディスカウントによりパーツを安く手配できない
    などなどの諸事情があり、あまり値段が下げられないのだと思います。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。