~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

時計道具を収納する工具箱 その2

2014.11.28

2 comments

 

前回ご紹介したガースナーの工具箱「GI-533 Large Chest」

こちらに道具を収めていきたいと思います。

 

まず、TOPの天板を開けると深いボックス状になっていますので、

ここに少し背の高いガラス製品を入れてみます。

IMG_4137

 

時計メンテで使うガラス製品はアルコールなどの溶剤にふれますので、

本来、金属かプラスチックのトレーに保管しておくのがいいのでしょう。

 

とりあえず、ボックスのサイズ感だけ確認したかったので、試しに入れてみた感じ。

後日、ここには別のものを入れることにいたします。

 

そして、引き出しの部分ですね。

一番上段は比較的軽めのバネ棒やユニパック (ビニール製の小物入れ)を収納です。

IMG_4135

 

なんというか、いきなりゴチャゴチャになってますがご愛嬌。

これらは「工具」というほどのものでもないので、こちらも後で入れ替えましょうね。

 

2段目です。

ちょい深めで幅の狭い中央の引き出しはアスコのキズミがすっぽり収まりました。

IMG_4134

 

右側は定規やノギスなどの計測類。

左型はドライバー砥ぎ用の砥石とクリーニング用のロディコ。

これもここじゃない気がする。

 

3段目はピンセットや押え棒、四ツ割と機械台です。

メインの道具なので取り出しやすい位置に。

IMG_4133

 

うーん、このチェスト、

時計工具を仕舞うのに本当にサイズがピッタリな感じ!

いいわー。

 

で、4段目の幅広の大きな引き出しです。

ちなみに底は浅め。

流石に11も引き出しがあると収納たっぷりですね。

思いっきり余ってます。

IMG_4131

 

右側の棒状のものは剣抜きと剣押え。

左の黒いのは電子秤。

 

5段目。

ここから少し重たい工具を仕舞っておこうと思い、ヤスリ関連を入れました。

IMG_4130

 

右側がバローベのヤスリ、6種類 × 粗目、中目、油目の18本。

左側がすんごく削れる「ツボサン ブライト900」。

 

最後、6段目。

ここは深めになっていますのでかさばるものを格納します。

IMG_4129

 

そして、最後に前扉。

こちらはチェストの底にスライドして格納できるのですが、

なんと、物を置くトレーとしても使用できるんです。

IMG_4138

 

デフォルトでフェルトが張られていますが、

これを剥がしてベルジョンかホロテックのシートを張り付けたら結構使えそう。

 

 

というわけで、工具を入れてみました。

 

感触としてはとても良いですね!

時計というアイテムとこの箱の雰囲気が合っています。

 

また、時計工具の大きさと引き出しのサイズ感が本当に丁度良く、

まるで専用ボックスのような出来。

 

これから収納する工具を倍増させても全く問題なさそう。

 

よしよし、満足満足(@値段以外)

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (10 投票 / 平均値:4.70 / 合計値:47)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • masamasa
    • 2014年 12月 09日

    こんにちは 

    雰囲気が時計工具と合うTool BOXですね。
    自分も何か探してみようと思います。
    今使ってるのは、釣り具屋に売っているツールボックス・・・
    使い勝手はイマイチかな。

    今回のガースナーの工具箱以外にも、良さそうな候補はありましたか?

    • NEEZ
    • 2014年 12月 10日

    masamasaさん

    コメントありがとうございます。

    時計用のツールボックスですが、
    実はガースナーに辿り着くまでに色いろ探していました。

    例えば、下のような感じのものです。

    中川政七商店 横長道具箱
    item.rakuten.co.jp/door-z/ng-1207-0049/

    倉敷意匠 お道具箱
    item.rakuten.co.jp/kinaru/gd3647/

    薬たんす
    e-nobiru.com/detail_4211.asp

    特に、薬箪笥はアンティークで探せば相当良い雰囲気のアイテムが
    手に入るだろうと思って検索をかけたのですが、
    いかんせん値段が高すぎました・・・

    最終的に、ガースナーがサイズ的にもピッタリだったので
    結果オーライな感じです。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2018年9月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。