~ 腕時計を中心とした 欲望に連敗続きの物欲日記 ~

セイコーSARB035の秒針の青焼きにチャレンジするも…

 

先日行ったセイコーSARB035の針交換ですが、

元から付いていた針が1セット余ったことになりましたので、

秒針のほうをブルースチールに焼いてみることにしました。

 

 

こちらが今回の実験材料の秒針。

IMG_4371

 

以前自作した青焼きセットを久々に取り出し、早速準備にかかります。

IMG_4370

 

アルコールランプに火をつけコテを十分に加熱。

IMG_4372

 

コテの中に敷いてあるのは真鍮製のビーズで、

本来なら旋盤作業で出た切削屑を使うらしいのですが、

私はまだ旋盤を持っていないため、このようにビーズで代用しています。

 

私の作業は単なる見様見真似ですの、なぜ真鍮屑を敷くのか謎ですが、

これを敷いておくと針やネジなどの細かいものをピンセットで掴むとき、

点ではなく面で掴むことができるので非常に取り出しやすいです。

 

多分、青焼きはタイミングが重要なので取りこぼしがないように

世の時計師さん達も切削屑を敷いているのだと思います。

 

 

 

さぁ、コテに針を入れてみましょう。

直ぐに色が変わるはずです。

 

 

が、しかし・・・

 

 

変色しませんね・・・

IMG_4374

 

 

あれー?

 

う~ん、もしかしたらステンレスかも。

 

青焼きは酸化被膜なのですが、

同じく酸化被膜が施してあるステンレスだと色が付きません。

 

そりゃ、セイコーのことですから防錆処理くらいはしてありますよねー。

 

たとえ薬品で酸化被膜除去処理をほどこしても、

素材自体にクロム含有量が多ければ上手く青焼きできないかもしれません。

 

恐らくネジ類もダメだろうなぁ・・・

 

残念ですが、今回は失敗です。

 

 

 

しょうがないので、小ネタを少し(笑

 

 

グランドセイコーのスプリングドライブは

折角の技術を隠してしまっているという指摘が少なからずあるようです。

そこで、試しにムーブメントの画像からコイルを露出させてみました。

 

gs-sd

 

なんかイマイチですね。

多分これは、私のセンスが無いからだと思われます。

 

 

あと、ムーブメントを載せ換えたSEIKO 5 SPORT SNZF17のバンドを

メッシュベルトに交換してみました。

 

より無骨に男臭くなりましたよ!

IMG_4380

 

そこそこ肉厚なメッシュ。

IMG_4382

 

折り返し部分もステン無垢です。

IMG_4384

 

多分、SNZF17イジリはこれにて完了です。

 

まさに世界に一つのオリジナル!?

(いや、世界の時計ヲタクは絶対に同じようなことをやっているハズ)

 

 

 

よろしければ★をクリックしてこの記事を評価してください。(5段階評価)
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (26 投票 / 平均値:4.62 / 合計値:120)
Loading…

 

Blogランキングサイトに登録しています。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

いつも応援クリック ありがとうございます。
 
 
 
おすすめの関連記事はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • あき
    • 2015年 3月 07日

    前回、今回とカスタム・・
    腕、知識があるってのはイイですね(・∀・)

    今回後半で書かれてるメッシュベルト
    どちらのモノか教えていただけますか?
    (過去記事にされてたらすみません)

    • NEEZ
    • 2015年 3月 07日

    あきさん
    こんにちは。

    メッシュベルトですが、こちらの品は
    タイコノートの「シャークメッシュバンド」というものです。

    ■ タイコノート シャークメッシュバンド FLEXIBLE LINK ブラッシュド 22mm
    item.rakuten.co.jp/taikonaut/da222203b004b/

    サイズ調整のコマのネジは2.0mmか2.5mmのドライバーが必要になります。

    このシャークメッシュバンド、値段は少々お高いですが
    サイズとラインナップが豊富なのでかなりお薦めですよ!

    ■ SHARK MESH BAND
    item.rakuten.co.jp/taikonaut/c/0000000307/

    • Tokei Ninja
    • 2015年 3月 08日

    いつも記事楽しみにして読ませて頂いています。

    青焼きの時に真鍮の粉を使用するのは、
    火にかけるパンから伝わる熱のムラを緩和させることで
    色ムラをなくすためだと聞いたことがあります。

    なので粉は粒子が細かく油分を含まないもののほうが良い気がします。
    真鍮をヤスリで削って専用の粉を作ってみるといいかもしれませんね。

    • NEEZ
    • 2015年 3月 08日

    Tokei Ninjaさん
    コメントありがとうございます。

    真鍮粉のお話し、助かりました。
    これは貴重な情報です。

    近日中に真鍮をツボサン・ブライト900でガンガン削り
    切削屑を用意したいと思います。

    やはり色ムラ対策なのですね。
    パンで炙るのは直火に近いので、
    ワンクッション置くという感じでしょうか。

    以前YouTubeでロジャー・スミス氏が青焼きしている動画を見たのですが、
    これでもかってくらい念入りにパンを加熱してから針を投入していました。
    これも焼きムラ対策なんでしょうね。

    • NINJA300
    • 2015年 3月 08日

    予想通りです。ssでしょうね。
    メッシュベルトかっこいいと思いまいたが、やはりそういう意見が出ましたね。
    7s26の分解と組立詳細を期待します。
    何、大したことじゃないでづよ。あなたなら99%出来る筈です。

    • NEEZ
    • 2015年 3月 09日

    NINJA300さん
    こんにちは。

    メッシュバンドは少々オヤジ臭く、
    (若者が付けているところを全く見たことがなく)
    好みが非常に分かれますが、
    私は絶対にカッコいいと思ってます。

    その証明という意味合いでセイコー5に付けてみました。
    やはり、どう見てもカッコいいですね!

    特にロレックスやブライトリングをお持ちの方は
    メッシュバンドへの交換を是非試してみてほしいです。

    あと、7Sの分解解説ですが、機を見て決行したいと思います。
    丁度、全く使っていないセイコー5が余っていまして、
    それが経年でどれ位オイルが飛んでいるか確認したいんです。

    99%成功するとして、残りの失敗確率1%ですが、
    これは恐らく、作業中のくしゃみで部品を飛ばす場合でしょう。(笑

    • NINJA300
    • 2015年 3月 09日

    その通り。間違いなくカッコいいです。

Aamazon Link



Chronos日本版 2015年 5月号

Chronos日本版 2015年 3月号

100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

続・100万円超えの高級時計を
買う男ってバカなの?
(東京カレンダーMOOKS)

機械式時計入門
スタジオタッククリエイティブ

機械式時計講座
小牧 昭一郎 (著)

偏屈のすすめ。
自分を信じ切ることで
唯一無二のものが生まれる。
(時計師 F・P・ジュルヌ 著)

世界の腕時計No.121

ROLEX SPECIAL BOOK
ロレックス最新が最高の理由
(クロノス日本版編集部)

ドイツ腕時計
(CARTOP MOOK)

機械式時計大全
この1冊を読めば機械式時計の
歴史や構造がわかる
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計 解体新書
~歴史をひもとき機構を識る~
(時計師 本間誠二 監修)

機械式時計の名品
1910~60年代

腕時計 キャリバー名作選

腕時計のこだわり

腕時計一生もの

経度への挑戦

機械式時計バイブル

[DVD] 世界最高峰の腕時計
A.LANGE&SOHNE

[DVD] 世界最高峰の腕時計
BREGUET

[DVD] 世界最高峰の腕時計
AUDEMARS PIGUET

ベルジョン バネ棒はずし

BAMBI バネ棒はずし

ベルジョン ドライバー9本&回転台

ホロテック ドライバー 9本セット

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.1

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.2

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.5

DUMONT ピンセット
DUMOSTAR NO.7

IDEAL-TEK ピンセット
プラスチックチップ

ASCO キズミ 4倍

ASCO キズミ 6.5倍

ホロテック ルーペホルダー

ベルジョン 伏せ瓶

MKS こじ開け

SEIKO 万能ケースホルダー

MKS 側開器

HARP セーム革(鹿革) 2枚組
2017年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

Twitter

リンク


Sariel Factory 黒猫BFNの徒然なる日々

時計メーカーにお勤めされているBFNさんのブログ。 時計の資格取得に関する話は大変参考になりますので、時計修理技能士の取得を考えている方は必読です。


腕時計選びの秘孔

時計の販売に関わっておられる方のブログ。 毎回1つの時計についてデザインや機能、歴史の側面から考察するコラムは必見。


Spiel ~時計で遊ぼう~

時計業界にいらっしゃる方のブログ。 実際に現場で仕事をなさっている当事者の視点で書かれる記事は大変興味深い。


WATCH WEB

時計学校で行われた授業の様子や工具制作の作業などが垣間見れるブログ。


きょうてんの"アラフォー・ヲタ"ブログ

時計修理技術者のきょうてんさんのブログ。 スイスの時計学校「WOSTEP」出身。時計だけでなく電脳アキバ系の話題も魅力。


ケイスケの時計ブログ

時計の修理に携る仕事をなさっているケイスケさんのブログ。 祖父の時代から国鉄・JRさんの時計修理の仕事をされてるそうです。


勢一 守のもの作り

機械式アンティークウォッチのシースルーバック化をなさっている勢一 守さんのページ。 ガラスの嵌め込みだけでなく、裏蓋の自作まで行っています。


勢一 守の雑記帳

勢一 守さんの制作日誌ブログ。 これまで行ってきた裏蓋シースルーバック化や修理の様子が伺えます。


時計を作ろう

旋盤やフライス盤などを駆使して、振り子掛け時計を歯車1つから全て自作してらっしゃるmr.hmvさんのページ。 数式・理論に裏付けされた設計で、完成までは時間の問題です。


時計修理工房 (有)友輝の修理記録

友輝さんの修理記録ブログ。 実際に修理中に起こった問題点や不具合箇所を丁寧に写真で説明されていらっしゃいます。


時計修理工房 ㈲友輝

オメガとロレックスに特化したオーバーホール・修理専門店「友輝」さんのページ。 一級時計修理技能士である大友茂弘さんは時計の名医。


時計士への道

某ブランドで時計職人をなさっている方のブログ。 ヒゲゼンマイの扱いや調速方法など技術的な記事が豊富で、コメント欄での意見交換も活発。